建設会社の方へ

チャレンジを忘れずに
信頼と実績を今までもこれからも

さくら構造には「エンジニアリングシップ」という価値判断基準があります。 さくら構造社員はこの理念に基づいて業務にあたります。

5.ニーズを見抜く力(慮る力)
私たちが提供する価値は、顧客の期待以上の成果を出すことです。そのためには、顧客が何を望んでいるのか、本質的なニーズを見抜く力(慮る力)が必要です。顧客の期待は、設計料や納期に関すること、正確さや建築コスト、耐震性・耐久性などの品質面、高度な解析技術など様々ですが、より高い満足を得るためには「顧客の優先順位は何か」「顧客自身が気づいていない望みとは何か」「それらに対し私たちができる最高の提案は何か」を常に考え、思い、感じることが必要です。(※エンジニアリングシップより抜粋)

さまざまな角度から
コストの適正化につなげる視点

私たちはただの構造設計事務所ではなく、建築構造に特化したコスト適正化のプロ集団です。構造設計は、あくまで建物の躯体を決めるための手段の一つです。言うことは簡単ですが、「構造設計」の視点だけではこれを実現する事は出来ません。実践、問題点の洗い出し、改善を繰り返すことによって得られる経験値、そして社内・社外の連携。すべて「建築全体」の視点を前提とする事で構造で出来る事を最大限に活用していきます。

さくら構造のコスト意識

建築コスト、現場施工性に関わる内容は特に注意し事前に確認をしながら業務を進めます。また対象業務の優先度やこだわりがあれば、それらを含めて設計に反映させるよう努力致します。
弊社設計による施工コストが高いと感じられた場合に、他社設計の比較対象物件設計資料を拝見させて頂ければコストが高くなる原因について検証しご説明致します。弊社設計に問題がある事が判明した場合は設計の見直しを無料で対応させて頂きます。

実践的研究開発

さくら構造の研究開発は学術的なものではなく、例えば構造コスト研究にはじまり、施工性、耐久性、耐震性の問題点を見つけ、さらに分析し解決する手法も考えて提案し、クライアントの粗利改善や商品価値向上や、躯体コスト改善に直結した研究を行っています。
研究開発のテーマや、新たな発見は、年間700案件を超える構造設計の実務設計の中にあり、日々行う業務の中で改善を重ね実践をしています。

さくら構造が提供するサービス

定額制構造設計KozoWeb

高品質な構造設計とは
安全性が高くても、コストがかかり過ぎては意味がない。
躯体コストを削減しても、安心出来ないくては価値がない。
机上の計算で収まっていても、施工出来なくては設計とは呼べない。
関わるすべての人々の事を考え、その期待を超える価値を提供できる構造設計であること。

全国TOP5のさくら構造が運営する
短納期構造設計サービス

納期を優先するあまり、コストを度外視してしまっては全く意味がありません。
さくら構造では700を超える年間設計棟数から導き出したより良い答えを知っています。
その経験が短時間の中でもコストを犠牲にしない最適なゴールへ導きます。

耐震診断・補強設計

構造設計事務所は耐震診断・構造設計を専業としています。技術的に公正中立の立場で耐震診断を行うことが出来ます。そのため特定の補強提案や工法提案などに偏らない幅広い選択肢の中から、クライアントの立場になり、希望に添った最適な提案をする事が出来ます。

建築総コスト最適化

建築総コストとは、構造設計費用だけではなく、設計費、工事費まで全て含んだ建物を建てるためにかかるすべてのコストのことです。構造計算は設計者によって答えが変わる。だからこそ求められる経済性と安全性を理解し総コストをコントロールすることが重要です。

建設コスト削減実績

事例1
RC造9階建てマンション 耐震壁付きラーメン構造 
躯体費:37% 
4200万円削減
事例2
WRC造3階建てアパート 壁式構造 
躯体費:30%
1000万円削減
事例3
RC造7階建てマンション 耐震壁付きラーメン構造 
躯体費:10%
600万円削減
事例4
RC造11階建てマンション 耐震壁付きラーメン構造 
躯体費:10%
3000万円削減
事例5
RC造8階建てマンション 耐震壁付きラーメン構造 
躯体費:13%
4100万円削減
事例6
RC造5階建てマンション 両方向ラーメン構造 
躯体費:7%
900万円削減

次世代解析ソリューション SAVERシステム

日本国内で新築される建物の92%は、大地震時に損傷する事を前提で設計されています。
建築基準法では大地震(数百年に一度発生する地震)に対しては「倒壊の防止」とされています。要約すると、震度6強~7の地震で大きく建物が損傷しても、建物の崩壊はしない(人命を確保出来る)状態の損傷に留める程度の性能であり当然建物の継続使用は保証されていません。

SAVERシステムでは今までと同じ建築費で、大地震時に無損傷を目標に設計されています。

さくら構造設計実績

  • 用途:分譲マンション(免震)

    大阪に建設された30階建ての分譲マンション。建物高さは90mの大臣認定建物。構造方式は免震構造を採用している。

    RC造 30層
    36,000㎡

  • 用途:工場

    大阪に建設された鉄骨造の食肉加工場。吹き抜けが多く最上階は駐車場として利用している。
    建物本体にスロープが隣接している。

    S造 3層
    17,000㎡

  • 用途:病院

    中部に建設された鉄骨造の病院。建物さは複s数棟からなり、柱や梁が外側に飛び出したデザインであるアウトフレーム工法を採用。

    S造 6層
    94,000㎡ 他複数棟

さくら構造についてさらに詳しく知りたい

構造設計事務所としては日本国内でトップ5に入る
構造技術者在籍数を誇る。
日本全国に拠点をもち全国対応が可能な
数少ない構造設計事務所であり、
その実績はすでに3000案件を超え、
戸建て住宅から高層建物、
免震・制振などの特殊案件等
お客様のご要望に柔軟に対応しております。

【さくら構造株式会社】
事業内容:構造設計・耐震診断・免震・制振・
時刻歴応答解析・
建築総コスト最適化・
構造コンサルティング・
次世代構造解析ソリューションSAVERシステム

●札幌本社所在地 〒001-0033 
札幌市北区北33条西2丁目1-7
SAKURA-N333F
TEL:011-214-1651  FAX:011-214-1652
●東京事務所所在地 〒110-0015 
東京都台東区東上野2丁目3-7
山本ビル 2F
TEL:03-5875-1616  FAX:03-6803-0510
●大阪事務所所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町1丁目2-2
花房ビル 6F
TEL:06-6125-5412  FAX:06-6125-5413
見積り相談はこちらから