建設会社の方へ

チャレンジを忘れずに
信頼と実績を今までもこれからも

さくら構造には「エンジニアリングシップ」という価値判断基準があります。 さくら構造社員はこの理念に基づいて業務にあたります。

5.ニーズを見抜く力(慮る力)
私たちが提供する価値は、顧客の期待以上の成果を出すことです。そのためには、顧客が何を望んでいるのか、本質的なニーズを見抜く力(慮る力)が必要です。顧客の期待は、設計料や納期に関すること、正確さや建築コスト、耐震性・耐久性などの品質面、高度な解析技術など様々ですが、より高い満足を得るためには「顧客の優先順位は何か」「顧客自身が気づいていない望みとは何か」「それらに対し私たちができる最高の提案は何か」を常に考え、思い、感じることが必要です。(※エンジニアリングシップより抜粋)

さまざまな角度から
コストの適正化につなげる視点

私たちは建築構造に特化したコスト適正化のプロ集団です。
無理のある意匠計画となっていないか、構造計画や設計方針は適切か、材料費は安くなっていても、手間がかかることで施⼯費が高くなっていないか、最近の建設業界の動向はどうか等、建築構造に関することだけを追求するのではなく、コストを適正にするために、建築全体をさまざまな角度から⾒て、問題点を洗い出し、改善を繰り返しています。

さくら構造のコスト意識

建築コスト、現場施工性に関わる内容は特に注意し事前に確認をしながら業務を進めます。また対象業務の優先度やこだわりがあれば、それらを含めて設計に反映させるよう努力致します。
弊社設計による施工コストが高いと感じられた場合に、他社設計の比較対象物件設計資料を拝見させて頂ければコストが高くなる原因について検証しご説明致します。弊社設計に問題がある事が判明した場合は設計の見直しを無料で対応させて頂きます。

実践的研究開発

さくら構造には、構造設計部以外にも研究開発部があり、それぞれの専門分野で日々独自の研究に取り組み、設計へとフィードバックしています。
さくら構造の研究開発は学術的なものではありません。
構造躯体コストの研究では、施⼯性、耐久性、耐震性の問題点も⾒つけ、さらに分析し、解決する手法をクライアントにご提案します。
クライアントの不動産商品の価値向上や、差別化によるブランディング戦略に直結した研究を⾏っています。

さくら構造が提供するサービス

定額制構造設計KozoWeb

年間750棟超の実績を誇る、全国対応の構造設計サービスです。
技術者が多く在籍しているため、急なご相談でもプロジェクトの体制を整えることが可能です。
技術者数x設計実績がさくら構造の経験として蓄積されているため、様々な問題に対して瞬時に解決策をご提案致します。
私たちは、関わるすべての人々の事を考え、その期待を超える価値を提供します。

全国TOP5のさくら構造が運営する
短納期構造設計サービス

日本有数の技術者数を誇る、さくら構造が短納期構造設計でお手伝いします。
瞬時に結果を予測し最短ルートで設計を進める事を可能にしているのは、他社には真似できない、組織事務所として、さくら構造がもつ多くの実績から得られる経験があるからです。

耐震診断・補強設計

地震による人命や資産などの被害を最小限に抑えるため、既に私たちが利⽤している建築物の耐震診断や最適な耐震補強をご提案します。

構造躯体コスト最適化

さくら構造は、組織事務所としての強みである経験値や情報共有により、総コスト最適化のための技術を⽤いたサービス提案として以下の3つの「構造躯体コスト簡易診断」「建築コスト第三者審査」「ローコスト型企画商品開発構造設計」というサービスをお客様に提供しています。

建設コスト削減実績

事例1
RC造9階建てマンション 耐震壁付きラーメン構造 
躯体費:37% 
4200万円削減
事例2
WRC造3階建てアパート 壁式構造 
躯体費:30%
1000万円削減
事例3
RC造8階建てマンション 耐震壁付きラーメン構造 
躯体費:13%
4100万円削減
事例4
RC造5階建てマンション 両方向ラーメン構造 
躯体費:7%
900万円削減
事例5
S造セレクトビーム工法利用 
在来工法比較で鉄骨本体工事費:33%
2900万円削減
躯体全体工事費:24%
4800万円削減
事例6
 RC造7階建てマンション 耐震壁付きラーメン構造 
躯体費:10%
600万円削減
事例7
RC造11階建てマンション 耐震壁付きラーメン構造
躯体費:10%
3000万円削減

次世代解析ソリューション SAVERシステム

コスト削減技術を原資に構造性能のグレードアップを推進する、さくら構造独自の概念です。
ゼロコストで高耐震建築を日本に普及させることを目指しています。

さくら構造ではどのような問題を解決出来るのか?

Q1他社の構造設計事務所で設計は終わっているのですが、躯体費用が高すぎて困っています。

さくら構造では、他社が作成した構造設計図書に対して、コスト削減に特化した
建築コスト第三者審査(VEレビュー)を行っています。
その他にも、「さくらスキャン」という躯体コスト簡易システムを弊社で開発しており、設計している建物の階数や床面積などの数値を入力すれば、どのくらいのコスト削減が可能か20 分程で知ることができます。

まずはさくらスキャンを活用し、コスト削減の余地があるか
お調べします。その結果、コスト削減の余地があると判断されましたら、
建築コスト第三者審査(VEレビュー)もしくは再設計をご依頼頂くことをおすすめします。

Q2基礎杭の金額が合わなくて、工事全体の予算にも影響し計画が止まっています。

基礎工法はその建物の性状に合ったもの、また現地の地盤状況や周辺の道路環境により選べる工法や業者が限られる事でコストが大きく上がることがあります。
その中で、調査を追加することで杭を柱状改良に変更出来ることもありますし、同等工法でも業者によって施工が出来る、出来ないという違いもあります。単純に設計条件を安全側に取りすぎて基礎コストが過大になっていることもあります。
その他にも上部構造の工夫や杭の配置の工夫で数千万工事費が変わる事例もあります。
まずはご相談ください。
さくら構造は全国400社、年間700棟を超える設計実績の経験から、その建物、地盤にあった基礎の提案が可能です。

Q3施工性が悪く、変更や工事ストップが多く苦労しています。

近年、マンション等の品質管理基準は高くなってきています。あらかじめ、その内容を把握しておかないと、現場が始まってから基準を満たすために躯体の変更が必要になるなど、大きな手戻りや現場が止まる事態になってしまいます。
さくら構造では、大手デベロッパーが手がける分譲マンションの現場監理も多数行っており、その内容を全社で共有し設計にフィードバックしているため、施工面での品質も高く、現場からも評価をいただいています。

さくら構造の約束

<ご予約について>
弊社では、特定の担当技術者を指名して業務発注を行う事ができます。工程を優先した場合、ご希望の担当にできない場合もございますが、まずは遠慮なくご要望下さい。
<構造計画について>
構造計画(仮定断面)には2種類あり、精度は多少犠牲となりますが無料でかつ瞬時に対応するもの、有料ですが解析を行い一定の精度があり所定の時間を要するものがございます。

・無料の構造計画は計画依頼を受けてから小規模なものは翌日18時までに、大規模なものでも 2日以内にご提案します。
※構造的に特に難易度が高い場合時間を要する場合がございます。

・有料の構造計画は内容によりますが、概ね設計料の20%程度となります。但し実施設計をご発注頂けた 場合には 80%の金額でお受けする事で実質負担が無いよう配慮させていただきます。
※作業日数はお打ち合わせによります。
<構造躯体コストについて>
正式なご契約前に、構造躯体コスト(コスト削減額)のご提案をお受けしております。
工事予算が合う場合のみ ご発注頂いて構いません。
詳しくはこちら( 建築躯体コスト簡易診断SAKURA SCAN )を ご覧ください。
<納期について>
・弊社では納期の厳守を徹底し、全社にて納期がお客様との極めて重要な約束のひとつとして意思統一に努めております。また、万が一発注者様に事前の許可なく、弊社都合で納期遅れが発生した場合は、設計担当の交代、又は、残り作業を最短で行うための人員体制の追加導入を行う事と致します。

・弊社では、いくつかの条件を満たす事で、極めて短い納期で構造設計図書を完成させる事ができます。詳細は お問合わせ下さい。→超速構造設計
<問題発生時の対応について>
・弊社では、万が一設計事故が発生した場合においても社会的責任を果たすため、日本建築構造技術者協会の構造設計賠償責任保険に加入しております。加入タイプはT型とし賠償保険額は本保険最高額の7億円に加入しております。本保険は建物そのものに実損がなく、構造設計図書の建築基準未達事故のみでも保険金が支払われる保険となっております。※弊社では、過去において設計事故は一度もございません。

・確認申請対応や、現場での図面不整合発見等で躯体コストが上昇する事態になった場合は、ただ訂正するだけ でなくコストの上昇が最小限になるよう削減検討を行います。
<業務の進め方と心構え>
・構造設計ルートが選択できる場合には各設計ルートのメリットデメリット等の情報提供を行い、お客様と相談の上決定する事と致します。お客様に相談無く弊社独自決定した設計ルートがお客様の意向に合わない場合は設計を無料でやり直す事と致します。

・建築コスト、現場施工性に関わる内容は特に注意し事前に確認をしながら業務を進めます。また対象業務の優先度やこだわりがあれば、それらを含めて設計に反映させるよう努力いたします。

・弊社では、一度お受けした業務を弊社の都合で、途中放棄する事は過去一度もありませんし、今後も絶対にございません。

・施主の要望を最大限設計の中に反映させるため、施主の建築に至った経緯や思いなどを確認させていただく場合がございます。

・弊社設計担当者の対応に不満や疑問等がありましたら、発注者様の立場で問題解決すべく対応いたしますので、専属営業窓口までご相談下さい。

・お客様や施主のこだわりある要望事項を自分では実現できないとしても、室長であればできるかもしれないと考え室長に相談します。室長ができないとしても、社長ならできるかもしれないと考え社長に相談します。自分たちの[できない]が必ずしも正しいとは限らない事を謙虚に受け止め、安易にできないと言わず、さくら構造の誰もが実現できない時にのみ[できない]の言葉を使います。

仕事の流れ

お仕事の進め方の注意点

クライテリアについて

クライテリアは施主、発注者、意匠、構造で共有する必要があります。
クライテリアとは目標とする性能値のことで、高い性能を求める場合、当然躯体コストも増加します。
例えば、分譲マンションと賃貸アパートでは求められる性能が違うため、床や壁の厚さが変わります。
建物の用途や仕様、お施主様の要望によって性能は違いますし、クライテリアの設定の違いで躯体コストが20%変わる事があるため、目標値は関係者で共有しています。
お施主様や発注者様がクライテリアを判断するのが難しい場合、建物の用途やグレードに合わせた数値目標を定め設計する事も可能ですのでご相談ください。

設計体制について

発注元はゼネコンで意匠事務所が外注というのはよくある体制ですが、打ち合わせ内容はメール等で発注者と共有するようにしています。 なぜかというと、意匠担当がお施主様や発注者の意図を理解せず、いつもと同じような内容で設計を進めようとすることから、 発注者の希望から大きく外れた建物を設計をしてしまうことがあるからです。

例えば、発注者のコストを優先して欲しいという意図を汲み、
構造担当から提案しても、このようなやりとりになってしまう事があります。 構造担当「ここに柱を設ける事で耐震壁として使えるようになるためコストが1000万安く出来るのですが可能でしょうか?」 意匠担当「普段やらないし、壁から柱が出っ張るので見た目も悪くなるので出来ません。」

この判断で、お施主様や発注者様の要望通りの設計となるでしょうか? お施主様は1000万安くなるなら、ちょっとくらい柱が飛び出しても気にしないと言うのではないでしょうか? 意匠と構造で直接打ち合わせをして進めた方が効率的ですし、発注者側も楽だという面もありますが、意匠担当が発注者の意図を完璧に 理解していなくてはなりませんし、結構難しいものです。 意匠と構造で直接打ち合わせをして設計を進める場合は、その打ち合わせ内容を発注者と共有することで希望から外れないよう、 期待を超えられるよう進めています。

さくら構造を上手に活用するためのコツ

コストを少しでも安くするためのコツ

コストを抑えたい旨を営業担当者にお伝え下さい。 何を優先させたいのか、どんなことに困っているのか、お客様のお話しを 私たちにお聞かせください。

コストを少しでも安くしたいという思いが第一優先だとわかりましたら、 お客様の期待を超えるよう、私たちにできることをご提案させて頂きます。

まずは、契約前に計画図や地盤データをご準備していただくことをお勧めしています。 計画図は見積もりのための面積算定だけでなく、構造計画の際にも必要となります。 事前に計画図をいただければ見積もり提案と同時に構造計画もアドバイスする事が できます。構造計画は、その違いによって躯体工事費が1割以上変わることがあるほどコストへの影響が大きい作業工程です。
意匠がある程度固まった段階でご相談いただくと、意匠計画から見直すような手戻りになったり、意匠を優先しコストが犠牲になる事がありますので、計画の初期段階にご相談することをお勧めします。
また、躯体工事費の影響が大きい部分として基礎の工法選定があります。 事前に構造計画や基礎の工法選定が行える計画図や地盤データをご準備頂けますと、 建物に合わせたより良い提案が可能となり工事計画全体の見通しが良くなります。
※地盤調査については、必ずしも現地で事前に調査する事は難しいと思いますので 近隣データでも構いません。また、ご相談いただければ、近隣データをお探しすることも可能です。

お客様事例

さくら構造設計実績

  • 用途:分譲マンション(免震)

    大阪に建設された30階建ての分譲マンション。建物高さは90mの大臣認定建物。構造方式は免震構造を採用している。

    RC造 30層
    36,000㎡

  • 用途:工場

    大阪に建設された鉄骨造の食肉加工場。吹き抜けが多く最上階は駐車場として利用している。
    建物本体にスロープが隣接している。

    S造 3層
    17,000㎡

  • 用途:病院

    中部に建設された鉄骨造の病院。建物さは複s数棟からなり、柱や梁が外側に飛び出したデザインであるアウトフレーム工法を採用。

    S造 6層
    94,000㎡ 他複数棟

さくら構造についてさらに詳しく知りたい

構造設計事務所としては日本国内でトップ5に入る
構造技術者在籍数を誇る。
日本全国に拠点をもち全国対応が可能な
数少ない構造設計事務所であり、
その実績はすでに3000案件を超え、
戸建て住宅から高層建物、
免震・制振などの特殊案件等
お客様のご要望に柔軟に対応しております。

【さくら構造株式会社】
事業内容:構造設計・耐震診断・免震・制振・
地震応答解析・
構造躯体コスト最適化・
構造コンサルティング・
次世代構造解析ソリューションSAVER SYSTEM

●札幌本社所在地 〒001-0033 
札幌市北区北33条西2丁目1-7
SAKURA-N33 3F
TEL:011-214-1651  FAX:011-214-1652
●東京事務所所在地 〒110-0015 
東京都台東区東上野2丁目3-7
山本ビル 2F
TEL:03-5875-1616  FAX:03-6803-0510
●大阪事務所所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町1丁目2-2
花房ビル 6F
TEL:06-6125-5412  FAX:06-6125-5413
見積り相談はこちらから