あなたの会社に月15万円で
構造設計部をつくろう
「My構造設計室」

構造設計部を開設し
受注率と粗利を2倍にする
構造設計事務所 さくら構造 > サービス一覧 > 「My構造設計室」を開設し受注率と粗利を2倍にする戦略

貴社の躯体数量の数値はどの程度ですか?

(1)設計管理者が即答できない場合

⇒コスト管理ができていません。

自社の躯体数量の数値を管理者が答えられないのは
「コスト管理をしたくてもできない」
「管理する必要がないと思っている」
のどちらかになります。

いずれにしてもコスト管理をしないことで発生する経済的損失はすぐに数億円規模になりますので放置すべきではありません。

(2)躯体数量を即答できたが、さくら構造で設計した建物の
躯体数量相場(下表)より多い場合

⇒粗利改善の余地があります。

さくら構造で設計した建物の躯体数量相場

建物規模 項目 ①RC純ラーメン構造 ②片側耐震壁付
RCラーメン構造
③WRC8層 ④WRC造
高層11階~ コンクリート
数量(m3/m2)
0.77 0.70
型枠数量
上段:(m2/m2)
下段:(m2/m3)
3.84 3.82
(5.06) (5.47)
鉄筋数量
上段:(kg/m2)
下段:(kg/m3)
137 107
(178) (150)
中層
6階~10階
(WRCは6~8階)
コンクリート
数量(m3/m2)
0.71 0.65 0.48
型枠数量
上段:(m2/m2)
下段:(m2/m3)
4.17 4.19 3.47
(5.90) (6.52) (7.30)
鉄筋数量
上段:(kg/m2)
下段:(kg/m3)
101 84 61
(142) (129) (127)
低層
1階~5階
コンクリート
数量(m3/m2)
0.67 0.64 0.45
型枠数量
上段:(m2/m2)
下段:(m2/m3)
4.09 4.27 3.40
(6.26) (6.72) (7.62)
鉄筋数量
上段:(kg/m2)
下段:(kg/m3)
81 72 51
(120) (112) (114)

躯体数量が把握できていてもの数値が多いのか少ないのか。
多い理由・少ない理由が把握できていなければ、
粗利改善に役立てることができず、
実質的にコスト管理ができていないのと同じ事です。

竣工済9物件の躯体コスト検証の結果

答え
2億9000万円

9案件の躯体費のばらつき

1坪当たりの躯体費が異常値となっている建物が複数ありました。計画によりばらつくことは当然ありますが、上記は一般的な形状の賃貸マンションでありコスト管理を適切に行っていれば正常範囲にコントロールできたことが、さくら構造の検証により判明しています。

このばらつきを適正範囲に収めることが設計管理者の重要な役割です。

なぜ異常値が発生していたのか?

原因1
9棟の外注構造事務所はバラバラであり、構造計画方針、モデル化、荷重設定などが工学的に不適切な構造設計者もいれば、適切な構造設計者もおり単純に技術力の差が大きかった。

原因2
発注者側で設計仕様、方針、クライテリアが定められておらず、全てが 構造設計者任せになっており、建物の性能そのものがバラバラだった。

大手建設会社でも、構造躯体数量分析ができる人材が社内にいないために適切な躯体コスト管理ができていない。また同時に安全性、耐久性なども「放置」のため品質面でも問題が隠れており、表面化してしまうと企業価値を棄損する事態になりかねない。

なぜ日本の建築会社は躯体のコスト管理ができないのか?

答え
社内に躯体数量分析ができる
構造設計部がないから

なぜ日本の建築会社は構造設計部を開設しないのか?

答え
構造設計室を開設するのは難しく
作りたくても作れなかったから

構造設計室を自社で開設するとしたら・・・

(1)構造設計室を自社で開設すると膨大なコストが掛かります。

構造設計経験者を2人採用し構造設計室を立ち上げる費用

項目 初期費用 年間ランニングコスト
パソコン 400,000円
一貫計算プログラム 2,000,000円
200,000円
その他ソフト(2次部材 , エクセル等) 500,000円
100,000円
採用活動費 2,000,000円
人件費(給与社会保険料含)
2名 12,000,000円
雑費(専門書、文具、オフィス家具等) 1,000,000円
200,000円
合計 5,900,000円
12,500,000円


人材育成コスト・マネジメントコスト

※人材を増やせば雪だるま式に
経費は増大します

(2)構造設計室のマネジメントは簡単ではありません。

  • •技術力の高い構造設計者の採用がそもそも難しい
  • •少人数だと知識の幅が狭く、構造リーダーの能力(当たり外れ)
    で成果がばらつく
  • •構造設計者の人材育成に莫大な労力と時間がかかる
  • •採用できても育成できても退職リスクがつきまとう

構造設計室を開設するのは難しい・・・
だから、作りたくても作れなかった。

自社に構造設計室がある場合とない場合

自社に構造設計室がある場合 自社に構造設計室がない場合
受注前でも社内人材を使って構造技術営業が可能 外注先は受注前の営業協力には消極的である
仮定断面の検証が何度でも気兼ねなくできる 受注前に経費をかけてまで仮定断面を何度も依頼できない
外注先の都合でなく自社都合で全てが動かせる 外注先の都合に配慮が必要で無理がきかない
ちょっといい?と相談が可能 ちょっといい?と気軽には相談しづらい
人件費が固定費になり受注がなくても経費が発生 人件費が固定費でなく変動費にできる
品質が管理しやすい(外注先でばらつかない) 品質が外注先によって依存しばらつく
自社の商品開発研究が可能 構造の商品開発に協力してくれる外注先が少ない
あっても開発コストが高くなる
構造実施設計の「順番待ち」がない 構造設計の「順番待ち」で工程が遅れやすい
ノウハウが社内に蓄積し応用と改善ができる ノウハウが社内に蓄積せず応用も改善も進まない
人材採用と育成にコストと労力が発生する
技術力の高い構造設計者の採用がそもそも難しい
採用できても育成できても退職リスクがつきまとう
人材採用、育成にコストも労力もかからない
少人数だと知識の幅が狭くなりがち 外部の知見を取り入れることができる

構造設計室がない建設会社・デベロッパーの悩み

構造技術、ノウハウが社内に蓄積されない。

・競争力のある新しい商品開発に挑戦したいが「構造」だけはノウハウがなく難しい
・「構造」の難易度があがると営業も現場も工事受注に消極的だ
・「構造」は外注に頼りきりでノウハウが蓄積せず「構造提案力」を発揮できない
・インターネットの普及で施主から専門的な「構造」に関する質問が増えたが対応に苦慮する
・コスト削減案を施主に相談されるが「構造」だけは自信をもって回答できない

躯体費がつかめない。建物ごとにばらつきがある。

・計画段階で工事見積りを提案したが「構造」が予算内に収まるかヒヤヒヤする
・ヒヤヒヤするのが嫌なので余裕を見て工事費提案をすると見積り負けする悪循環
・実施設計で躯体費予算がオーバーしトラブルになった(粗利がほぼなくなった)
・躯体費や歩掛数量の自社設計値を「即答」「分析」「改善」いずれもできない

気軽に外注先に相談ができない。依頼しにくい。

・施主提案営業のため工事費算出用の仮定断面を依頼したいが受注前のためコストをかけるのが重く頼みづらい
・実施設計が決まって構造設計を依頼しても順番待ちで工期が遅れる。

「構造設計室」を開設したいがマネジメントが難しい。

・採用や育成が難しく退職リスクまであり、維持する経費も大きいので実現できない

自社に構造設計室を設立しなければならない理由

20世紀の業界動向
企画大量生産型。標準化して横展開するモノ作りや働き方でも良かった時代。

21世紀の業界動向
万人と同じではなく自分の好きなものを求めていく時代。
ひとりひとりが欲しいものが違い、同じ人でも今日と明日では欲しいものが変わり
多様化するニーズに対応する力が求められる時代になる。
※ドラッガーが予言した「新たな階級闘争」格差社会はなぜ起きるのか?より抜粋

構造技術、ノウハウが社内に蓄積されない。
施主の価値観の多様化に伴い、今後さらに様々な要望に応えていく必要 がある。
「構造」も例外ではなく施主要望に柔軟に取り組める仕組み作 りや、
そのための躯体費削減や商品開発研究に取り組む必要がある。

今後、柔軟に施主の要望に応えられる
建築会社だけが生き残る時代に突入していきます。

そこで、My構造設計室

My構造設計室とは

まるで自社に構造設計室が設立されたように、貴社と一緒に業務受注戦略や粗利益向上戦略を「構造」面から支援し、待ち時間なくスピード感をもって構造計画や躯体数量分析を行える月定額制の構造設計サブスクリプションサービスです。構造設計室を社内で構築する上での課題に悩む必要はありません。

年間750案件を超える国内トップの構造設計棟数実績と技術力、構造設計者70名の組織力で貴社に構造設計室を設立いたします。

  • 日本最速!!構造計画も実施設計も待ち時間なしで
    0秒スタート
  • 躯体歩掛数量の
    「分析・改善」レポートの提出
  • 構造計画立案躯体数量算出
    いずれも0円
  • 自社の構造部と比較し
    維持経費1/10

自社に構造設計室を完備しているメリットと
構造設計を外注している企業のメリットを
My構造設計室につめこみました。

My構造設計室の費用

My構造設計室を導入した場合の費用

項目 初期費用 年間ランニングコスト
パソコン 0円 0円
一貫計算プログラム 0円 0円
その他ソフト
(二次部材,CAD,エクセル等)
0円 0円
採用活動費 0円 0円
人件費(給与,社会保険料含) 0円 0円
雑費(専門書、文具、オフィス家具等) 0円 0円
My構造設計室 0円 150,000円×12ヶ月=1,800,000円
合計 0円 1,800,000円

「 My 構造設計室」なら自社に
構造設計室があるのと同じ効果を
初期費用 0 円、月額 15 万円(年間 180 万円)
から実現できます。

My構造設計室との比較

  自社の構造設計室 外部の構造設計事務所
への委託
My構造設計室
(仮想構造設計室)
外部の知見取得 ×
知識の幅が狭くなりがち

可能

可能
相談のしやすさ
相談しやすい
×
相談しにくい

相談しやすい
設計スタートのスピード
融通が利く
×
順番待ちが発生

0秒スタート
運用維持コスト
(人件費、外注費等)
×
膨大な維持費が発生

外注費が発生

自社の構造設計室
の1/10
人材採用
育成コスト
×
コスト発生・退職リスク有

無し

無し
コミュニケーションコスト
(意識共有にかかる精神的負担)

同僚なのでコスト低い
×
労力大

同僚と同等
ノウハウが会社の
資産になるか

なる
×
情報共有無し

情報共有、
定期報告を行う
品質管理
(設計後の分析、改善)

少人数だと難しい
×
外注先でばらつく

分析結果を
次の案件に活かす
営業への積極的参加
可能
×
消極的

営業戦略の
立案フォローアップ

My構造設計室設立後のイメージ

My構造設計室の活用方法

受注率向上に活用する
計画初期段階で「安価な躯体工事費の提示」をする
施主のこだわりが千差万別でも、すべての施主共通の課題に工事予算(コスト)があります。 My構造設計室と戦略を立て、計画初期段階で他社には不可能な「安価な躯体工事費の提示」をする事ができ、施主に強い印象を与えライバルを大きく引き離し受注の確率を高くします。
施主へ提案営業を行うため工事費算出用の構造計画を繰り返し行う
構造計画は合理的なフレームにたどり着けるまでスタディを繰り返し、受注獲得できるよう構造の提案を行います。
施主との打ち合わせに構造設計者が同行する
My 構造設計室には構造設計者が打ち合わせに同行するサービスが含まれています。施主から構造に関する専門的な質問の対応に悩むことがなくなり、同行した構造設計者がその場で適切な回答をするので施主から信頼を得ることができます。
粗利益向上に活用する
躯体数量削減と分析・改善を繰り返す
さくら構造は躯体数量削減の実績が多くノウハウがあるため、今より躯体費の約20%の粗利を増やすことが可能です。設計した物件は分析と改善を繰り返し、より良い設計に繋げます。
競争力向上に活用する
商品開発に挑戦
商品開発に協力してくれる構造設計事務所が少ない、あっても高い費用がかかる、構造のノウハウがなく躊躇していた商品開発に取り組むことが可能となります。
スピードの向上
構造設計を外注する場合、構造の専門知識なしで社内で原案を考え、その後構造設計業者を選定、発注と時間を要しますが、 My 構造設計室の場合は原案を考える段階から介入できるので、時間が大幅に削減されます。また、優先的に業務をスタートし、原則ご希望通りの工程で納品します。
構造の難易度が高い物件に挑戦
構造のノウハウが無い為に、今まで消極的になっていた構造の難易度が高い物件にも挑戦することが可能となります。
収支精度向上に活用する
事業計画の判断に活用する
土地の仕入れを行う際の基礎工法や建物ボリュームについても相談を承っておりますので、購入の判断や収支計画の精度を上げることができます。
品質管理に活用する
70 名の構造設計者の知見・経験・技術と年間 750 件の設計データの有効活用
My 構造設計室を設立すると、ずっと昔からあったような経験豊富な構造設計室がすぐにできあがり、さくら構造で長年蓄積されたノウハウが自社の設計に活きてきます。
建物毎の躯体数量のばらつきを軽減する
外注先によってばらつきのあった躯体数量を My 構造設計室が管理します。My構造設計室で外注構造設計事務所のグレード管理や構造設計仕様構築※のサポートを行います。(※別途有料)
My構造設計室会員限定の掲示板を利用する
My構造設計室の会員様限定で、専用掲示板に無料ご招待します。そこでは、気軽に質問・相談をすることができます。

My構造設計室のプランについて

プラン フリー スタンダード プレミアム
月額費用※1 ¥0 ¥150,000/月(税別) ¥250,000/月(税別)
構造設計料金※2
※HP掲載の構造設計料(定価)
定価 定価より5%割引 定価より10%割引
躯体数量分析※3
(SAKURA SCAN)
受注獲得・粗利改善提案
¥50,000~/件 1カ月あたり5件まで無料
※5件を超える場合
¥50,000~/件
1カ月あたり10件まで無料
※10件を超える場合
¥50,000~/件
簡易構造計画※4
(仮定断面)
¥0 ¥0 ¥0
精密構造計画(仮定断面)
実施計画をご発注いただけた場合には
値引きにて実質負担なしとなります。
定価の構造設計料の20% 定価の構造設計料の10% 1カ月あたり3件まで無料
※ 3件を超える場合
定価の構造設計料の10%
構造設計発注優先権
(ファストパス)
お申込み順
最短工程のご提案
優先的にスタート
原則希望工程で設計
優先的にスタート
原則希望工程で設計
設計終了後の
評価データ分析
なし あり あり
定期報告
ご相談・データを提供して頂いた
案件の数量分析、改善提案
なし 年に1回 年に1回
施主への提案書作成
施主への提案同行
別途有料 月に1回
(交通費別途)
月に1回
(交通費別途)
田中代表を含めた
定期ミーティングの開催
なし 月に1回
1時間程度
月に1回
1時間程度
外注構造設計者の
グレード管理
なし あり あり
構造設計仕様策定支援
オリジナル工法開発支援
なし 特別価格 特別価格
有料コンテンツ
技術情報定期送付
コンテンツ毎に個別課金 全コンテンツ無料 全コンテンツ無料
さくら構造主催
勉強会・交流会
なし 年に1度ご招待 年に1度ご招待
質問・相談
会員掲示板
なし 無料で掲示板へ
ご招待いたします
無料で掲示板へ
ご招待いたします
お薦めの方 建築に係わる全ての方 さくら構造への構造設計
発注が1件でもある方
さくら構造への構造設計
発注額が大きく
提案営業件数が多い方

※1 契約は 1 年ごとの更新となります。
※2 構造設計はさくら構造以外の設計事務所にも発注することが可能です。
※3 躯体数量の分析を行い、削減可能な躯体費をレポートにまとめてご報告します。
※4 不整形・特殊架構の場合は精密構造計画(仮定断面)でないと受けられない場合がございます。ご了承ください。

My構造設計室の設立までの流れ

お申込み

企画大量生産型。標準化して横展開するモノ作りや働き方でも良かった時代。

ヒアリング

My構造設計室の設立にあたり、貴社の戦略やビジョンを共有していただきます。
それをふまえ、他にはない貴社だけのMy構造設計室のサービスを展開させていただきます。

ご契約

契約内容をご説明します。内容に同意していただけましたら、
設立契約書を交わさせていただきます。契約は 1 年ごとの更新となります。

設立準備

お申込みから設立まで 1 週間ほどで開設となります。

設立、担当者着任

貴社に合った担当者を70名の技術者から選択し、
担当者からご挨拶をさせていただきます。
My構造設計室の開設となります。

さくら構造株式会社とは

  • 日本全国に拠点を持ち、全国対応が可能な構造設計事務所です。
  • 年間750件の設計、現在まで4,000件の設計実績があります。
  • 構造設計の技術研究を行っています。
  • コスト削減案件ではトータル30億円削減の実績があります。
  • 品質を保ちながら躯体数量を削減する工法を開発しています。
  • 躯体数量はそのままで、取得する耐震等級を上げる設計を行うことが可能です。

さくら構造が構造躯体費を最適化できる理由

一連の流れを繰り返し行うことで、より良いサービスを提供し続けています。

構造躯体最適化工法のご紹介

お施主様が建築物に求める性能や躯体費最適化を実現するため、さくら構造が開発した独自の工法のことです。年間750 件の構造設計躯体数量ビックデータや躯体費最適化成功パターンを集約し、あらゆる建築物でそれを方程式のように再現できる新しい工法を開発しています。

さくら構造の躯体費最適化事例

【事例1】 RC造 9階建てマンション 躯体費 37% 4200万円最適化

ゼロコスト高耐震化技術SAVER理論

  • 経済設計で耐震性を犠牲にするのではなく経済設計を活用して高耐震建築を創り出りだす、さくら構造独自の設計理論。

    躯体コストを15%削減することができればゼロコストで耐震等級3の耐震性を確保した建物を建設することができます。

標準鉄筋量80kg/㎡ ファインフレーム工法

  • 需要の高い中高層RC造において「建物形状」「層数」といった一定条件を満たすことで標準鉄筋量80kg/㎡のRC構造躯体を実現する、さくら構造独自のゼロコスト高耐震・高耐久工法。

    【 特徴 】

    • ・保有水平耐力1.05以上
    • ・地盤種別及び固有周期の精査
    • ・標準鉄筋量80kg/㎡

    【 仕様 】

    • ・スリット壁W12採用
    • ・ひび割れ低減コンクリート採用
    • ・壁増しコン10mm以下
    • ・床増しコンなし
    • ・基準階階高さ2850mm以下
    • ・内部間仕切りは非RC造

セミオーダー型システム建築 セレクトビーム工法

  • 敷地条件、地盤条件・・・様々な状況に合わせて最適な梁のタイプを選択することで、コストと耐震性を兼ね備えたベストな構造躯体を実現。またシステム建築のようなチャンピオンになりづらく、在来建築と同じように競争原理を保ちながら工事業者との価格交渉が可能な工法。

    システム建築 在来建築 セレクトビーム
    躯体費
    自由度 ×
    設計期間 ×
    施工性・工期
    部材供給
    競争見積

壁式8階建て ハイウォール工法

  • さくら構造では独自の研究を重ね、8階建てまでの壁式鉄筋コンクリート造を設計することが可能。日本初となるWRC8階建ての確認済証を取得。高い耐震性とRCラーメン造と比較し、1.7倍程度の保有耐力を有しながら、躯体工事費も16.7%削減の実績がある。

    一般的なRC造 RC造(免震) 一般的なS造 ハイウォール
    耐震性
    躯体費 ×
    施工性
    自由度
    居住性

薄肉シングル配筋 スマートウォール工法

  • 阪神・淡路大震災クラスの震度7の地震に耐える、高耐震・高耐久でありながらローコストの壁式鉄筋コンクリート造。

    【 特徴 】

    • ・耐久性100年の構造躯体
    • ・ひび割れを抑制する特殊コンクリート
    • ・ローコストを実現する「壁式×シングル配筋」の構造
    • ・施工性の向上による施工不良発生率の低下と工期短縮
    • ・過去の震災で実証済みの「高耐震壁式鉄筋コンクリート造」
    一般的なRCラーメン造 一般的なWRC造 スマートウォール
    耐久性
    耐震性
    躯体費
    施工性
    自由度

大空間壁式構造 スペースウォール工法

  • 壁式鉄筋コンクリートのデメリットである間取りの自由度の低さ。RC壁を極限まで減らすことで、間取りの自由度を向上させ、大空間も可能とする高耐震・高耐久・ローコスト壁式鉄筋コンクリート造。

    【 特徴 】

    • ・大空間が作れる
    • ・間取りの自由度が向上する
    • ・リノベーションがしやすい
    • ・躯体費を削減
    • ・ひび割れに強い
    一般的なRCラーメン造 一般的なWRC造 スペースウォール
    耐久性
    耐震性
    躯体費
    施工性
    自由度

構造躯体最適化工法の使い分け

「他社の構造設計事務所」と「さくら構造」の違い

他社の構造設計事務所 さくら構造株式会社
躯体費の削減は作業が増え、設計者にもメリットが無いのでやりたくないし、やるつもりもない。 躯体費の削減で作業が増えても発注者と施主にメリットがあれば挑戦をする。
技術者数と資金が少ないため、技術研究に取り組めない。 社員80人と資金を活用し、技術開発設計室を発足。日々研究に取り組んでいる。
耐震偽装事件から過度な数量で設計を行うことが慣例となり、その慣例を変えられない惰性的な設計者が多く在籍している。 過去の慣例にとらわれず、業界や社会の変化に順応して新しいことに積極的に取り組む社風である。
技術や経験不足から工事費の予測が難しく、計画段階と実施設計後で躯体工事費の差が生まれやすい。 国内トップの設計棟数実績と、躯体数量データべースシステムを活用することで初期計画段階から工事費の正確な予測を可能にしている。
独立しやすい業態であるため、一人親方の構造事務所が多く技術や考えが孤立化しやすい。 構造設計のエキスパートが多く在籍し、日々、切磋琢磨して技術が磨かれている。
構造設計エンジニアしかいない。 構造設計エンジニアだけでなく、IT エンジニアが在籍していることで設計データの分析が可能となり、 IT で他社にできない価値を提供している。
安全性と経済性を両立するためには、多くの設計実績と分析が必要不 可欠だが、小規模運営の構造事務所では実績数が少なく限界がある。 年間750件の設計実績からどこまで攻めて設計して良いのか、どの部分は守らなければいけないのかを理解しているからこそ、安全で経済的な建物を作れる。

さくら構造主催セミナー

2017年 顧客セミナー開催(東京)約70名参加
2017年 さくら構造セミナー開催(沖縄)約10名参加
2018年 さくら構造セミナー開催(東京)約20名参加
2020年 全国セミナー開催(北海道・宮城・東京・大阪・福岡・沖縄)約130名参加

2020年全国セミナーの内容を一部ご紹介

直近10年で躯体数量が増加した背景

構造設計者によってなぜ結果が違うのか?

お取引企業様

多くの上場企業をクライアントに持ち、
業界から信頼される構造設計事務所

安心の設計

  • 日本建築構造技術会
    賠償責任保険
    最高ランク加入

  • 選抜された6名の
    設計管理者(室長)による監督

  • お客様と社員のやり取り
    全てを室長がチェックし、
    トラブル回避

  • 管理者や最新の知見
    による仮定断面の算出

  • 事故防止、品質向上の
    ための情報のシェア

  • 説明責任の徹底

どんなお困りごとも、まずはご相談ください。

さくら構造構造躯体最適化工法

構造コンサルティングに関するコラム

構造設計事務所としては日本国内でトップ5に入る
構造技術者在籍数を誇る。
日本全国に拠点をもち全国対応が可能な
数少ない構造設計事務所であり、
その実績はすでに3000案件を超え、
戸建て住宅から高層建物、
免震・制振などの特殊案件等
お客様のご要望に柔軟に対応しております。

【さくら構造株式会社】
事業内容:構造設計・耐震診断・免震・制振・
地震応答解析・
構造躯体コスト最適化・
構造コンサルティング・
次世代構造解析ソリューションSAVER SYSTEM

●札幌本社所在地 〒001-0033 
札幌市北区北33条西2丁目1-7
SAKURA-N33 3F
TEL:011-214-1651  FAX:011-214-1652
●東京事務所所在地 〒110-0015 
東京都台東区東上野2丁目3-7
山本ビル 2F
TEL:03-5875-1616  FAX:03-6803-0510
●大阪事務所所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町1丁目2-2
花房ビル 6F
TEL:06-6125-5412  FAX:06-6125-5413
見積り相談はこちらから

戻る