構造設計事務所 さくら構造 > 構造コンサルティング > 【無料DL】次世代壁式ハイウォール工法躯体数量調査(2019~2021.10)
構造コンサルティング 2021.12.28

【無料DL】次世代壁式ハイウォール工法躯体数量調査(2019~2021.10)




壁式構造は、
柱梁型がなく、意匠的には好ましいが,,,
耐震性が高いと聞くけれど,,,
高層になったら躯体数量はどのくらいになるのだろうか?

このような疑問をお持ちではないでしょうか。
現在、法改正と設計指針の策定により8層までの壁式構造が計画可能ですが、
まだまだ普及率は高くなく、数量相場もほとんど知られていません。

そこで、さくら構造で現在(2021.10)までに設計が完了した
ハイウォール工法の計画について、実際どのくらいの数量になっているのか?
調査を行いましたのでレポートでご紹介いたします。
是非、ご覧下さい。

【無料DL】次世代壁式ハイウォール工法躯体数量調査(2019~2021.10)
https://form.k3r.jp/sakurakozo/downloadcontents041

その他、お役立ちダウンロードコンテンツは以下よりダウンロード可能です。
https://sakura-kozo.jp/dlcontents-ichiran/

さくら構造(株)は、
構造技術者在籍数日本国内TOP3を誇り、
超高層、免制震技術を保有する全国対応可能な
数少ない構造設計事務所である。
構造実績はすでに5000案件を超え、
近年「耐震性」と「経済性」を両立させた
構造躯体最適化SVシステム工法を続々と開発し、
ゼロコスト高耐震建築の普及に取り組んでいる。