建築設計者の方へ
「デザイン力と構造力で設計受注率を2倍にし
構造設計の外注費をゼロ円にする方法」

Architectural Design
構造設計事務所 さくら構造 > SAKURA活用マニュアル > 意匠事務所の方へ > デザイン力と構造力で設計受注率を2倍にし構造設計の外注費をゼロ円にする方法

デザイン力と構造力で設計受注率を2倍にし
構造設計の外注費をゼロ円にする方法

この資料の内容

  • 弊社のお客様(設計事務所様、建設会社様)から最近以下のような課題をお聞きすることがあります。

    コロナの影響もあり受注数、売上が減少しそうだ。
    他社と設計上の差別化が難しいと感じる
    相見積もりを取られ安い事務所に発注されてしまう
    契約前にプラン提案したが契約に至らず、他社にプランも仕事も横取りされタダ働きになった。
    他社との価格競争で自社の利益を削って契約することがある
    施主から設計料を工事費の5%などと強制され、業務量を設計料に反映するのが難しいときがある
    構造設計の外注費負担が大きく粗利が減る。
    設計料を上げると仕事がとれない。

    このようなお客様の課題を改善し設計受注量を増やすため、構造事務所としてできることを資料にまとめました。

    この資料をすべてご覧いただくと…
    ・他社と競合しない計画提案ができるようになります。
    ・他社との価格競争に巻き込まれにくくなります。
    ・工事予算が足りず採用できなかったデザインが採用できるようになります。
    ・構造設計の外注費をゼロ円にすることができます。


    契約前にいくつものプラン提案営業を行い、時に契約に至らないこともある設計事務所の
    営業活動は大変な苦労があると思います。
    構造事務所は今まで発注者(設計事務所、建設会社)の営業努力に甘え、上記のような
    タダ働きになる可能性のある営業には積極的に関わらず「決まった仕事をもらうだけ」
    というのが業界の慣例になっていました。

    営業に不慣れな私たち構造事務所が「営業活動にいかに貢献するか」を考えた内容に
    なっております。ぜひご覧いただき率直なご意見を頂けると幸いです。

「デザイン力と構造力で設計受注率を2倍にし
構造設計の外注費をゼロ円にする方法」

あなたが施主ならどの案を選びますか?

コスト重視の施主の場合

施主はコストだけで計画案を選ぶわけではありませんが、コスト重視の施主であれば数千万円以上の差があれば、 B案を選ぶ可能性が高くなります。

コスト以外のものを重視している施主の場合

仮に施主提案しているライバルの設計事務所が他にもいたとして、ライバルはA 案のみ、あなただけが A案と B案を提案できたら、施主はどう思うでしょうか?初期計画段階で2案、さらに躯体の工事費まで提案してくれる設計事務所です。仮にA案を選ぶとしても、あなたのA案、他社のA案どちらを選ぶでしょう?予算に余裕があるなら浮いた予算を魅力的なデザインや設備の予算に転用することも可能です。

建築躯体費を最適化すると設計受注量が増えるワケ

建築躯体費の削減に関する相談が年々増えてきています。施主の多くは、躯体費が削減できることを知りませんが躯体費削減に対する潜在需要は極めて大きく、この需要を掘り起こせば大きな商機になり、逆にこの好機を逃せば他社にその機会を奪われることになるでしょう。

構造最適化工法で浮いた躯体費予算を使い魅力的なデザインやグレードの高い設備を提案する。

施主は工事費だけで設計事務所を選びませんが、魅力的な建築デザインに挑戦すると「予算の壁」に直面します。躯体費削減だけを施主にアピールするのではなく、あなたの建築デザインを実現するために「工事予算を生み出す技術」が必要なのです。

「デザイン力と構造力で設計受注率を2倍にし
構造設計の外注費をゼロ円にする方法」

構造設計の外注費をゼロ円にする方法

ある意匠設計事務所様から
「構造設計の外注費負担が大きい」
という悩みをお聞きしたので、

「さくら構造のクライアントの中に構造設計外注費負担を
ゼロ円で依頼してくるお客様がいらっしゃいますよ!」

とお伝えすると大変喜んでいただけました。
そこで、みなさまとも共有したいと思い、
構造設計の外注費をゼロ円にする方法を盛り込んでいます。

ぜひ、ご活用ください。

「デザイン力と構造力で設計受注率を2倍にし
構造設計の外注費をゼロ円にする方法」