お施主様にお勧めする活用法

さくら構造を最大限活用することで、こんな利点があります。

    • 躯体費削減による経費削減
    • 共通仕様書の作成による
      安定した建物の建設
    • 躯体費改善シミュレーションの提供

    躯体費管理による安定した
    建物供給をお手伝いします。

    • 他社との差別化を図れる
    • ブランディングによる
      競争力がアップする
    • 経費削減による利益向上

    さくら構造との提携により新たな
    仕事の創造をお手伝いします。

具体的な活用方法とは

躯体費管理による安定した建物供給

似たような建物を何棟も建設しているけど、コスト削減の余地、糸口があるのか?余地があるとわかっていても、1棟毎の設計を処理する中では、お金や時間の問題が大きく、改善に取り組めない、とお悩みのお施主様には、建築総コスト削減を目的としたローコスト型企画商品開発構造設計というコンサルティングをお勧めします。

ローコスト型企画商品開発構造設計は、固有の案件1棟の躯体工事費を削減するのではなく、建設する企画商品全棟に効果が発揮されるサービスです。
そのために私たちは、お客様の企画商品の構造設計の仕様やクライテリアをローコストの視点で定めるサポートをしています。
企画商品を開発する際にこの作業を怠ると、同じ商品にもかかわらず建物毎の構造躯体費はバラつき、無駄の多い(構造躯体費が高い)建物が設計されてしまう可能性があります。また企画商品のため、その損失は建設棟数倍増幅してしまいます。 そのような事態から改善するため、私たちがお手伝いします。

さくら構造との提携による新たな仕事の創造

さくら構造にはスマートウォール工法、ハイウォール工法という独自の工法があります。
スマートウォール工法は、壁式鉄筋コンクリート造のメリットはそのままで、更にコストの追求と施工性、耐久性を向上させた工法です。
ハイウォール工法は、高い耐震性を持ちながらもコストパフォーマンスに優れた工法です。
これらの工法は、経済性と耐震性の課題を同時に解決することができますので、他社との差別化やブランディングによる競争力アップにお役立てください。

ハイウォール工法「WRC造 8階建て」

  • ハイウォール工法の特徴

  • 構造種別の性能比較

  • ハイウォール工法 立面図

さくら構造は、8層までの壁式鉄筋コンクリート造の建築を可能とする『ハイウォール工法』を開発致しました。

法改正と設計指針の策定により、8階建てまでの壁式鉄筋コンクリート造の設計が「確認申請」と「適合性判定」の一般的な審査で可能となりましたが、複雑な解析が必要となるため普及は進みませんでした。しかし、さくら構造では研究を重ね、日本初となる壁式鉄筋コンクリート造8階建ての確認済証を取得しております。

『ハイウォール工法』の特徴は、高い耐震性にあり、同一プランのRCラーメン造と比較し、
計算上1.7倍程度の保有耐力を有していることがわかりました。
また、高い耐震性を持ちながらもコストパフォーマンスに優れており、8階建てのRC造と比べた結果、躯体工事費16.7%削減を実現しています。

スマートウォール工法「壁式×薄肉シングル配筋」

  • 構造種別の性能比較

  • W15 シングル配筋 現場写真

  • 実大実験棟 外観写真

阪神・淡路大震災では、震度7の地域で大破や倒壊する建物がある中、WRC造は、大破や倒壊どころか開口部に幅5mmのひび割れが発生した程度の損傷が2棟あっただけで済んでいます。他の過去の大震災からも実質耐震性が極めて高い構造形式であることは、私たち構造設計者には半ば常識となっております。

WRC造は、その他にも柱型や梁型が居室空間に出てこない広々とした空間や高い耐久性・耐火性・気密性・遮音性、そしてローコストがメリットとして挙げられます。さくら構造は、それらのメリットはそのままで、更にコストの追求と施工性、耐久性を向上させた『スマートウォール工法』を開発致しました。

『スマートウォール工法』の特徴は、壁厚が150mm、配筋はシングルとし、ローコストを実現するところにあります。

なお、シングル配筋はダブル配筋より鉄筋の被りが大きくなるため、コンクリートの中性化による劣化に対しての耐久性は非常に高く、『スマートウォール工法』であれば 100年以上の中性化に耐えることが可能です。加えて、施工性の向上による施工不良発生率の低下と工期の短縮が図れます。特殊コンクリートと外断熱工法を採用することで、ひび割れにも配慮しております。

既に札幌本社の隣に4階建て、壁厚150mm、シングル配筋の実大実験棟が竣工しており、経過を観察しています。

躯体費削減 ≠ 耐震性低下

躯体費を削減するということは、耐震性が低下するということではないか?それではお施主様に気軽に勧めることはできない、と感じてしまうと思います。しかし、

躯体コストを削減しても、耐震性は低下しません。

なぜかというと、地震に耐える筋肉はそのままで(もしくは強化して)無駄な贅肉を落としているからです。
そのため、法令遵守はもちろん、発注者様のクライテリア(要求性能)も満足させた設計を可能としています。

ただし、耐震性を低下させずに経済設計を行うためには、適切なモデル化が設定できるスキルと建物全体のバランスを捉えるセンスが必要となります。

モデル化とは実際の建物の形状を解析できる単純な形に置き換えをすることですが、構造設計の成否の8割がかかっていると言える重要なプロセスです。
また、バランス感覚が無い設計者が断面算定を行うとどうなるかというと、安全性を満たさない部材があるからと、その断面を大きくし、そうすることで、部材剛性が大きくなり、そして、その部材に応力が集中し、さらに大きい断面にする……といったイタチごっこを引き起こし、贅肉の多い、コストの高い建物を設計してしまいます。
その建物の特性(バランス)を適切に把握し、剛性や変形を制御して力の流れをデザインし、必要な箇所に躯体を配置することで、初めて無駄の無い構造躯体を作り出すことができます。

「経済設計」と聞いて、建物の安全性を犠牲にするのだというイメージだけで敬遠しているとすれば、それは本末転倒です。
耐震性の向上を求めるのであれば、経済設計が出来る事が必須となります。なぜなら必要な躯体予算を通常の設計で使い切ってしまっては、耐震性向上のための予算を捻出する事が出来ないからです。

左が下手な(技術力の低い)構造設計、真ん中と右が上手な構造設計です。なんとなく、不安だからという理由で経済設計に真剣に取り組まないのではなく、真剣に取り組んだ上で耐震性向上やその他の目的のために再投資を行うべきです。経済設計が出来れば、耐震性の向上以外にも様々な事に費用を活用出来ます。
それは、発注者の要望に基づいた投資を行う事で顧客満足度を高める事が出来るという事です。

さくら構造が提供するサービス

  • 構造設計

    さくら構造は経済設計が出来る、数少ない事務所です。
    他社では決して真似の出来ない、年間700棟という設計実績から得られる情報を社内で共有し、経験として活かしています。

    【 こんなお施主様におすすめ 】

    • 建設費が高騰し、今までのような事業計画では収支が合わない。
    • 経費削減をしたいが、内装や設備のグレードは下げたくない。
  • 超速構造設計

    さくら構造は業界屈指の設計スピードを発揮できる組織事務所です。
    どのような建物に対しても瞬時に結果予測ができる実績経験と、日本有数の技術者数を合わせもつ組織事務所が、最短の納期を提案します。

    【 こんなお施主様におすすめ 】

    • 開発計画の見直しに時間がかかり、設計期間が短くなり、依頼先が見つからない。
    • 竣工までの日程が決まっており、とにかく急ぐ。
  • 耐震診断・耐震補強

    耐震診断の結果や、補強量は構造設計者によって大きく違います。
    耐震診断の規模、棟数ともに実績経験豊富なスペシャリストが初期計画から補強設計まで、一貫してサポートします。

    【 こんなお施主様におすすめ 】

    • BCPの観点から補強をしたいが、どの程度やれば良いか判断できない。
    • 所有する建物がたくさんあるので、費用をなるべく抑えたい。

なんでも相談できるパートナーとしてご活用ください!

  • 利益の最大化を目指して。
    ローコスト型企画商品 開発構造設計

    さくら構造ではマンション等のシリーズ設計に対して、構造設計特化型コンサルティングを行っています。
    企画商品を開発段階からコストの最適化を図ることで、大きな利益を得ることが可能となります。

    【 こんなお施主様におすすめ 】

    • 規模、用途が同じ建物なのに建設コストが安定せず、経費のコントロールが難しい。
    • 統一基準を策定し、安定的な建設費を抑えた建物を創りたい。
  • 中立の立場で指摘します。
    建築コスト第三者審査(VEレビュー)

    建築確認検査、構造計算書適合性判定では、建築コストに対してのチェックは一切してもらえません。
    さくら構造では他社が作成した構造図、計算書に対してレビューを行い、建築コスト改善点について指摘アドバイスを行います。

    【 こんなお施主様におすすめ 】

    • 予算を超える建設費で計画を見直す必要がある。
    • 普段より構造躯体費用が高いと感じる。

お客様事例

お客様の声一覧へ

構造設計事務所としては日本国内でトップ5に入る
構造技術者在籍数を誇る。
日本全国に拠点をもち全国対応が可能な
数少ない構造設計事務所であり、
その実績はすでに3000案件を超え、
戸建て住宅から高層建物、
免震・制振などの特殊案件等
お客様のご要望に柔軟に対応しております。

【さくら構造株式会社】
事業内容:構造設計・耐震診断・免震・制振・
地震応答解析・
建築総コスト最適化・
構造コンサルティング・
次世代構造解析ソリューションSAVER SYSTEM

●札幌本社所在地 〒001-0033 
札幌市北区北33条西2丁目1-7
SAKURA-N33 3F
TEL:011-214-1651  FAX:011-214-1652
●東京事務所所在地 〒110-0015 
東京都台東区東上野2丁目3-7
山本ビル 2F
TEL:03-5875-1616  FAX:03-6803-0510
●大阪事務所所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町1丁目2-2
花房ビル 6F
TEL:06-6125-5412  FAX:06-6125-5413
見積り相談はこちらから