構造設計事務所 さくら構造 > 構造コンサルティング > あなたの会社に月15万円で構造設計部をつくろう!!

あなたの会社に月15万円で構造設計部をつくろう!!



最近お客様から以下のような悩みを聞きます。

■営業段階で躯体数量を想定するのが難しく、予想を大きく外し粗利が消えた
■粗利がなくなるのが怖いので余裕もって提案すると見積り負けして契約できない
■躯体数量が適正なのか過剰なのか判断できず、コスト管理ができていない

特に構造設計部がなく、構造躯体数量分析ができる人材が社内にいない会社様
に多い悩みのようです。貴社は適正にコスト管理できているかもしれませんが
念のため確認してみませんか?

確認方法はとても簡単で、以下の質問を貴社の設計責任者様に聞くだけです。

 『うちの躯体数量(歩掛り)の数値はどの程度?』

この質問に対する設計責任者の回答は以下のいずれかになると思います。

① 設計管理者が躯体数量を即答できない場合・・・
  →コスト管理ができていません。

② 躯体数量を即答できたけど、こちらの表より多い場合・・・
  →粗利改善の余地があります。


躯体数量を把握できていないのはすぐに改善すべきなのは当然として
躯体数量の数値が多いのか少ないのか?多い理由・少ない理由が把握できて
いなければ粗利改善に役立てることができず、実質的にコスト管理ができて
いないのと同じ事です。

そこで、構造躯体数量分析ができる人材が社内にいない会社様でも
適切に躯体コストを管理する方法がありますので、ご紹介します。

↓↓↓ 詳細は以下をクリック! ↓↓↓

あなたの会社に月15万円で構造設計部をつくろう!!
「My構造設計室」