構造設計事務所 さくら構造 > 自社工法 > 【無料DL】デザイン力と構造力で設計受注率を2倍にする方法

【無料DL】デザイン力と構造力で設計受注率を2倍にする方法




弊社のお客様(設計事務所様、建設会社様)から最近以下のような課題をお聞きすることがあります。

✓コロナの影響もあり受注数、売上が減少しそうだ。
✓ 他社と設計上の差別化が難しいと感じる
✓ 相見積もりを取られ安い事務所に発注されてしまう
✓ 契約前にプラン提案したが契約に至らず、他社にプランも仕事も横取りされタダ働きになった。
✓ 他社との価格競争で自社の利益を削って契約することがある
✓ 施主から設計料を工事費の5%などと強制され、業務量を設計料に反映するのが難しいときがある

このようなお客様の課題を改善し設計受注量を増やすため、構造事務所としてできることを資料にまとめました。

この資料をすべてご覧いただくと…
・他社と競合しない計画提案ができるようになります。
・他社との価格競争に巻き込まれにくくなります。
・工事予算が足りず採用できなかったデザインが採用できるようになります。

契約前にいくつものプラン提案営業を行い、時に契約に至らないこともある設計事務所の
営業活動は大変な苦労があると思います。
構造事務所は今まで発注者(設計事務所、建設会社)の営業努力に甘え、上記のような
タダ働きになる可能性のある営業には積極的に関わらず「決まった仕事をもらうだけ」
というのが業界の慣例になっていました。

営業に不慣れな私たち構造事務所が「営業活動にいかに貢献するか」を考えた内容に
なっております。ぜひご覧いただき率直なご意見を頂けると幸いです。

「デザイン力と構造力で設計受注率を2倍にする方法」ダウンロードページ