ローコスト型企画商品開発構造設計

コストコントロールを初期段階から考える
構造設計事務所 さくら構造 > サービス一覧 > 建築総コスト最適化 > ローコスト型企画商品開発構造設計

ローコスト型
企画商品開発構造設計

なぜ設計の現場では改善が思ったように
進まないのでしょうか?

通常の構造設計では、1棟毎の依頼に対して設計料と納期の取り決めが案件毎にあります。
建設費を抑えて建物を造りたいと思いながらも、設計現場でこういう事が起きているのではありませんか?

・目先の業務が優先で手が回らず改善提案や新しい取り組みが出来ていない。
・効果が見えない事に対して時間や予算を割けない。
・構造事務所からは簡単に出来るから、早く出来るからなど本質からずれた提案しか貰えない。
・意匠プランに対して、こだわりや思いを何も考えようとはせず、非常に不経済な結果になろうともこのプランだからしょうがないと、
 改善や提案を何も受けられない。
・設計現場では、納期重視となり経済性を考慮した多角的な検討は出来ない。
・結局、出来上がるのは前と同じもの。
・前回と比較してコストアップになっていても構造事務所は「法律が変わったから」という曖昧な説明しかしてこない。
・自社の物件の躯体コストが他社と比べて勝っているか不明だ。

つまり、設計者がどうにかしたい問題があっても、1棟毎の設計を処理する中では、お金、時間の問題が大きく、普段と違うやり方をして失敗したら…。
当然、構造設計を依頼している、構造設計事務所も、時間内に法律を通す事以外に何もしてくれない。

そこで、さくら構造は、
「棟毎の設計人工」に
対しての対価を支払う、従来型の構造設計とは違い、
企画・商品の見直しにより削減額×棟数での利益増大が
見込める共同作業による
総コスト削減を目的とした
コンサルティングを展開しています。

ローコスト型
企画商品開発構造設計の特徴

構造設計の新しい可能性に向けて
挑戦を続ける事

クライアントから依頼された構造設計を行うだけでなく、様々な視点から分析、研究を続けることで多種多様なデータを収集し、さらに分析・仮説・検証を繰り返すことで得たさくら構造独自のノウハウや技術。
そして、このノウハウや技術を「クライアントに還元する」この考え方を大切にし「研究開発し続ける姿勢」をもって常に構造設計の新しい可能性に向けて挑戦を続けています。

実践的研究開発

さくら構造の研究開発は学術的なものではなく、例えば構造コスト研究にはじまり、施工性、耐久性、耐震性の問題点を見つけ、さらに分析し解決する手法も考えて提案し、クライアントの不動産商品の価値向上や、差別化によるブランディング戦略に直結した研究を行っています。
研究開発のテーマや、新たな発見は、年間700案件を超える構造設計の中にあり、日々行う設計の中で改善を重ね実践をしています。

スペシャリスト同士の情報共有

さくら構造では、構造設計部以外にも、研究開発部であるstructure innovation事業部など、それぞれの専門部で独自研究を進めています。
部署ごとの研究開発におけるデータや検証結果は、すぐに社内で情報共有されるとともに別の観点から課題を見つけ、さらに実験・検証を重ね多角的な研究結果としています。
様々な角度から検証された研究結果だからこそ、本当に通用する我々の武器となります。そして、そのための情報共有は欠かせません。

さまざまな角度から
コストの適正化につなげる視点

私たちは構造設計事務所ではなく建築構造に特化したコンサルティングのプロ集団です。構造設計は、あくまで建物の躯体を決めるための手段の一つです。
言うことは簡単ですが、「構造設計」の視点だけではこれを実現する事は出来ません。
コンテンツ、プロモーション、そして社内・社外の連携。すべて「建築全体」の視点を前提とする事で、構造設計として出来ることを最大限に活用していきます。

一社専用提案型

意匠プラン、法律、建設地域、施工業者、設備業者、構造設計業者が連携して作り上げる建築において、全く同じ建物は存在しません。
総勢60名を超えるスタッフの中から、構造設計だけでなくあらゆる分野を網羅する、スペシャリストにより編成されたチームがクライアントの希望に合わせたオリジナルの設計提案を行います。

現場で培った、
確かな根拠のあるノウハウ

例えるならスポーツ。上達のためにはトレーニング本を読み込むだけではなく、実際に自分の手足を動かしてみることが必要です。
日々練習、改善を積み重ねることでようやく自分の実力となるものです。構造設計も同じです。
すべて自分たちの手で実行し、たくさんの経験をし、改善・改良を重ね「実力」としてノウハウを身につけてきました。
ただどこかにある情報を真似るだけの机上の空論などではなく、現場で培ってきた、確かさ、再現性、根拠があります。

ローコスト型
企画商品開発構造設計の業務の流れ

ローコスト型
企画商品開発構造設計の業務の詳細

1ヒアリング
お客様の扱う不動産商品を的確に把握し、抱えている問題と課題を明確にするためにヒアリングを行います。
構造仕様の問題だけではなく、商品やサービスの特徴、優位性を比較し、その問題の根本にある大きな問題を見つけ出します。 また、ディスカッション方式によりヒアリングを実施することで、当事者では気づきにくい問題を明確にし成功に導いていきます。
時には、現状の業界の問題点から、経営・事業・商品開発体制・設計体制に関わる事項まで全てをヒアリングさせて頂くこともあります。
2構造設計図書分析
コンサルティングを行う構造設計図書( 計算書、構造図面) に対して簡単な分析を行います。
一般的な構造設計方針の平均と比べて何が過剰で何が不足しているか? 特に構造コストを上昇させる設計方針が、どの程度含まれているか。また設計上採用した納まりが施工性や経済性の観点から適切であるか。
さらに意匠計画と 構造計画のすりあわせを行う事で大きな効果が生まれる事項がないかなど、大局的観点から設計図書の分析を行います。
3建築構造コスト分析
クライアント様の竣工案件の構造躯体コストデータを頂き、弊社が蓄積してきた構造躯体コストのデータベー スと比較する事でクライアント様の不動産商品の構造躯体コストが、建築市場の中で、どのレベルに位置するかについて分析を行います。
4成果目標とお見積りの提案
1~3 までの分析結果に基づいて、コンサルティングの成果目標を設定します。成果の内容は、構造躯体コストをパラメーターとして 採用しますが、施工性やデザイン性にも配慮し、十分実現可能で高い目標を設定します。
また目指すべき 目標だけでなく、成果の最低ラインも設定し、最低ラインを達成できなかった場合には、コンサルティング報酬の返還保証の対象と致します。
5ご契約
弊社の提案内容を十分に説明し、ご理解頂いた上で、コンサルティング契約を締結させて頂きます。
6構造設計仕様改善コンセプトワーク
戦略的構造仕様改善本来の目的と目標を明確にします。ヒアリングや現状分析、競合調査で集めたデータ等、様々な情報を元に 今回の構造仕様決定における重要なポイントを見つけていきます。
そこから達成するための明確なコンセプ トを導き出し、蓄積した ノウハウを元に「構造コストを20% 削減!」「耐震性を 25%UP!」などの具体的な数値目標を設定、目的と目標を明確にします。
「 いつまでに」「何を」「どのくらい」といった具体的な数字もイメージしながら、数字を達成するために必要なステップをプランニングしていきます。
つまり現状の問題点を明らかにし構造仕様改善で何を目指すのか互いに意識を共有する作業です。
7構造設計図書詳細分析
ステップ2 の設計図書分析を、さらに詳細に行います。 分析する設計図書は1 案件でなくプランの異なる、複数の案件に対して行い、案件固有の問題点だけでなく、設計方針や設計仕様 等、どの案件にも影響する事項も明らかにしていきます。
特に設計上のモデル化と実際の差異についても 分析し、的外れなモデル化による過剰な設計がないかなどを確認します。
8構造躯体コスト競合比較
構造仕様改善コンサルティングでは、構造躯体コストの分析作業を大きく11 のジャンルに分け、更に110 項目に渡って細部化した チェック項目を設計図書と照らし合わせ、その中で一番大きな問題がどこにあるのかを見つけ出し、各ジャ ンル、各項目ごとの問題を明確にしていきます。
またクライアント様と競合する不動産商品の構造躯体コストデータを比較をする事で、どの部分を改善していけば、競合他社に対して商品価値を高め競争力を高められるのか検証します。
9構造設計上の問題点発見
問題のある設計を改善しなければ、いくら施工を工夫しても最大の効果を得る事はできません。 構造設計で起きている様々な問題が、いったいどの部位で起きているのか、どのくらいのボリュームで起きているのかを正確に見定め一番最初に改善するべき問題を見つけます。
一番の問題点を最初に改善することで効果は最大となり、費用対効果も最大になります。
最初の改善ポイントを見つけることは、その後の様々な改善にも効果を発揮する重要な施策です。
構造設計図書分析、競合構造コスト比較等などを行い、無駄が多い箇所、施工性、耐久性上の問題点を明らかにし構造設計上の問題点を発見します。
10構造仕様改善提案
一番最初に改善すべき問題を見つけたら、これまでの実験・研究で得たノウハウを駆使し、具体的な解決策の提案を行います。 ほんの少しの工数で大きな成果を上げる改善提案や、根本的な部分から取り組む大掛かりな改善提案まで、その手法は状況に応じて様々です。
時には構造計画は全く触らずに行う改善提案など、難しい切り口でご提案させて頂くこともあります。
クライアント様を成功に導くために、構造設計方針のみで改善出来るものから、意匠計画、構造計画全般に及ぶ改善まで、あらゆる角度から調査・分析を繰り返し、ご提案していきます。
11構造仕様改善予測
Structure Innovatoin が打ち出す改善提案によって、いったいどれくらいの効果が得られるのか予測を行います。
「 構造設計方針の改善で構造コストが10%減額できる」と数値での目標と予測を明確にし、それにかかる工数や時間から、費用対効果がどの程度かも見極めていきます。
机上の設計だけでなく、施工的な観点など様々な角度から検証し、繰り返し問題点の発見を行う事で、スパイラル方式で改善し、大幅な効果が上がるような施策を考え提案していきます。
12構造仕様戦略策定
コンセプトワークに基づいた戦略的構造仕様案をたてるとともに、新たな構造仕様に基づく、プロモーション戦略、競合他社との差別化戦略等をご提案し有益なビジネスプランを作成します。
成功実現に向けて、それぞれ最適な構造仕様及び構造設計手法を策定します。
13構造設計
同業他社よりも優位性をオーナーに伝えられる構造仕様が完成したら、それの基づいて構造設計を行います。
案件固有の条件を吟味した上で、設計に盛り込み、経済性と安全性を徹底的に追求した設計を行います。
設計を行う案件は原則竣工済み物件とし、複数案件を同じ構造仕様で設計する事で、過去との比較を行うと共に、どの案件でも効果がでる事を確認し再現性がある事を証明します。
14積算業務
13 ステップで設計された案件の構造コストを積算し、当初設計時の積算データと比較検証を行います。
15効果分析・成果判定
戦略的構造仕様に基づいた構造設計結果について分析し評価を行い効果検証を行います。
当初設定した成果目標と比較しどの程度達成できたのか、最低目標をクリアできているのか判定を行います。
16戦略的構造設計仕様成果品の提出
・改善提案内容一覧( 採用、不採用がわかるように)
・構造設計仕様書
・構造設計仕様による施主へのアピール事項説明書
・改善納まり図集 ・構造設計仕様採用時の構造コストの目安

企画・商品開発事例

建設×構造(特許出願中)

建設と構造設計が企画立案段階から、設計、施工、アフターフォローまで強固なタッグを組んで、耐震性とコストパフォーマンスを併せ持ったハイエンドクラスマンションを提案する、今までにない新しい免震マンションの設計施工システムです。

免震構造の利点をフル活用できる構造設計者(さくら構造(株))と、マンション施工を知りつくした施工((株)松永建設)がお互いの強みを最大限に活かせる体制は稀少であり、オーナー様・入居者様にメリットが大きいシステムとなっています。

WRC8F

「WRC8F 壁式鉄筋コンクリート造8層」
・壁式鉄筋コンクリート造は、
 
高い水平剛性を有する
 
強度型の箱型構造であり、
 
地震に対する変形が小さく実質耐震性が高い。

・その証拠として、壁式構造は過去の被災事例において
 
震度7クラスでも
 
地盤崩壊要因以外で、
 
上部構造の大破・崩壊は一度も無い

さくら構造では、通常5階建てが上限である壁式鉄筋コンクリート造を8層(WRC8F)まで設計が可能です。WRC8Fは高耐震に加え、同規模のRCラーメン構造と比較して躯体コストが1割以上削減可能です。

構造設計事務所としては日本国内でトップ5に入る
構造技術者在籍数を誇る。
日本全国に拠点をもち全国対応が可能な
数少ない構造設計事務所であり、
その実績はすでに3000案件を超え、
戸建て住宅から高層建物、
免震・制振などの特殊案件等
お客様のご要望に柔軟に対応しております。

【さくら構造株式会社】
事業内容:構造設計・耐震診断・免震・制振・
時刻歴応答解析・
建築総コスト最適化・
構造コンサルティング・
次世代構造解析ソリューションSAVERシステム

●札幌本社所在地 〒001-0033 
札幌市北区北33条西2丁目1-7
SAKURA-N333F
TEL:011-214-1651  FAX:011-214-1652
●東京事務所所在地 〒110-0015 
東京都台東区東上野2丁目3-7
山本ビル 2F
TEL:03-5875-1616  FAX:03-6803-0510
●大阪事務所所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町1丁目2-2
花房ビル 6F
TEL:06-6125-5412  FAX:06-6125-5413
見積り相談はこちらから

戻る