設計に関する姿勢

チャレンジを忘れずに信頼と
実績を今までもこれからも

さくら構造では発注者からの仕事に対して最低限度の約束を契約時にしています。
さくら構造では仕事の契約前に発注者へ「さくらの約束」という仕事の取り決めをしてから業務を開始する事としています。
また、さくら構造には「エンジニアリングシップ」という価値判断基準があります。
さくら構造社員はこの理念に基づいて業務にあたります。
以下はその中でも特に、さくら構造が大切にしている内容をまとめた設計に対する姿勢です。

顧客の要望を深く
正確に理解するための対話を重視

さくら構造では、顧客の期待を超える成果を出す事を意識して構造設計を行っています。そのためには顧客が何を望んでいるのか(本質的なニーズ)、我々に何を期待しているかを業務の中で正確に理解するようにしています。
案件毎、担当者毎に変化する期待に応えるためには「顧客の優先順位は何か」「顧客自身が気づいていない望みとは何か」「それらに対し私たちができる最高の提案は何か」を常に考えながら対話し、深く相手の事を理解する事が大切だと考えています。

納期の厳守

さくら構造は、納期を発注者との極めて重要な約束のひとつとしています。
構造の都合での工程遅れは絶対に許さないという事を社内マネジメントで徹底する事で、弊社都合による納期延長は、特別な場面を除き、創業から全くありません。

関係者全体の事を考える

構造設計は専門性が高く発注者に内容の全てを理解してもらうことは難しいことです。だからこそ、自分よがりにならず、常に関わるすべての人々を考えて構造設計を行うように心がけています。
『施主→意匠→設備、構造→施工→エンドユーザー 』
これら全てを我々は顧客と考えています。
我々だけが良ければいいとか、直接の発注者だけが良ければいいという考え方を私たちはしません。建築に関わる人々は多岐に渡りますので、我々の仕事に関わる人たち全体の事を常に考えながら、構造設計者としての責任を果たすことを重視しています。

モデル化と実状の誤差を理解して
安全性を確保する。

構造設計は人によって結果が大きく異なりますが、建築関係者でもなぜ計算なのに結果が異なるのか理解してもらえない事が多くあります。
少し専門的なことですが、その結果の違いを生む要因の中で特に大きいもののひとつに「モデル化」があります。モデル化は結果に対する影響が大きいにも関わらず法的なルールが作りづらい部分であり、その判断には様々な選択肢があります。
その判断に幅のある仮定条件の中で安全性、経済性を実現しようとする場合、さくら構造では、幅広いモデル化の誤差を認識し、場合によっては複数のモデルで多角的に検証を行った上で判断することを重視しています。

自社設計実績年間700棟から学ぶ

さくら構造では現在技術者が60人を超え年間700棟以上の構造設計を行っています。
安全性の確保や、経済性の追求は一人で机の上で悩んでいても極めることは難しいものです。
年間700棟という設計実績から得られる情報は何にもまさる経験値であり、日々実大実験を行っているようなものです。上手く行った経験も失敗した経験も全てがさくら構造の財産です。(過去失敗して賠償が発生したことは一度もありません)
それら設計実績をデータベースとして収集し研究、開発する専門部署もあり、過去の経験から、設計へフィードバックする流れを構築しています。さくら構造の設計者は、数という経験値を武器に、コストに対してどこまで攻めて設計して良いのか、逆に絶対に守らないといけない部分はどこなのかを理解しているからこそ安全な建物が設計できると言えます。

さくら構造とのお仕事の進め方

お問い合わせ

事前相談
「1社毎に専属の営業窓口」 「素早く正確な回答」
「構造戦略ヒアリング」 「コンセプトワーク(基本計画)」
お見積り・工程提案
「定額料金お見積り」 「最善な工程提案」 「さくらの約束」

契 約

初期打ち合わせ
「さくら構造社内プロジェクト会議」
「発注者とさくら構造のキックオフミーティング」
設計方針決定
「設計方針について」 「設計方針の決め方」
仮定断面
「建物形状の確認」 「無料の仮定断面」 「有料の仮定断面」
基礎工法比較選定
「工法の選定について」 「基礎工法の決定」
解析断面算定
「モデル化」 「電算入力、解析」 「断面算定」
図面作成
「見やすさ」 「勘違いされない表現」
「設計者の意図が網羅された図面」
管理者チェック
「安全性」 「施工性」 「法適合」 
「経済性」 「クライテリア」
レビュー
「レビュー」 「多角的な検証」
お客様チェック
「お客様チェック」 「チェックの反映について」
計算書まとめ
「チェックと納期」 「無償で出来る修正について」
納品説明
「納品時説明」

納 品

審査対応
「審査実績による最適化」 「審査対応優先順位」
現場対応
「さくら構造の施工監理と設計」 「現場対応優先順位」
アフターフォロー
「建築コストに対して」 「さくら構造の社会的責任」

詳細を見る

お役立ちダウンロードコンテンツ

構造設計事務所としては日本国内でトップ5に入る
構造技術者在籍数を誇る。
日本全国に拠点をもち全国対応が可能な
数少ない構造設計事務所であり、
その実績はすでに3000案件を超え、
戸建て住宅から高層建物、
免震・制振などの特殊案件等
お客様のご要望に柔軟に対応しております。

【さくら構造株式会社】
事業内容:構造設計・耐震診断・免震・制振・
時刻歴応答解析・
建築総コスト最適化・
構造コンサルティング・
次世代構造解析ソリューションSAVERシステム

●札幌本社所在地 〒001-0033 
札幌市北区北33条西2丁目1-7
SAKURA-N333F
TEL:011-214-1651  FAX:011-214-1652
●東京事務所所在地 〒110-0015 
東京都台東区東上野2丁目3-7
山本ビル 2F
TEL:03-5875-1616  FAX:03-6803-0510
●大阪事務所所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町1丁目2-2
花房ビル 6F
TEL:06-6125-5412  FAX:06-6125-5413
見積り相談はこちらから