ファインフレーム80とは

需要の高い中高層RC造において「建物形状」「層数」といった一定条件を満たすことで
標準鉄筋量80kg/㎡  (鉄筋量は施工床面積あたりとし、基礎を含む)
のRC構造躯体を実現する、さくら構造独自のゼロコスト高耐震 高耐久工法です

一般的に耐震性を向上させようとすると建設費も増加してしまうのが現実です。そこで、わたしたちは今まで培ってきたコスト削減技術を活かし、構造躯体費を削減しながら高耐震高耐久を実現したファインフレームを開発しました。

構造形式は剛性や強度が上がることで地震に対する抵抗力を高める連層耐震壁を採用し、耐久性に配慮するため、ひび割れ低減コンクリートを使用しています。

工法適用条件

建物形状について

  • 片方向耐震壁付きであること
  • 耐震壁は原則1階まで連続する連層耐震壁とすること
    ※部分的な下階壁抜けは許容するが、完全なピロティー形状は不可とする
    ※最上階とその直下の階は耐震壁を一部なくす事が可能
  • 耐震壁は極端な偏心を避けバランス良く配置すること
  • 偏心率に大きく影響する過度なセットバック等の不整形な形状が無いこと
  • ラーメン方向の柱割りスパンは6~8m程度とし、極端なロングスパンを避けること
  • 耐震壁方向の柱割りスパンは9~11m程度とし、極端なロングスパンを避けること
  • 基準階高さは原則2850mm以下とし極端に高い階高としないこと。

建物のプランに合わせて形状は調整が可能です。
事前の構造計画相談に応じます。

層数について

層数と地域地震係数Zの関係

地震係数 Z

最大層数

Z=1.0

10層まで対応

Z=0.9

12層まで対応

Z=0.8

14層まで対応

Z=0.7

16層まで対応

層数 : 最大16層以下(地震地域係数Zによる)

適用可能な層数は建物形状や地盤種別により増減します。

主要用途

主要用途 : 共同住宅、ホテル等

仕様と特徴について

ミドルフレーム80は「建物形状」「用途」等の条件をクリアすることで鉄筋量80kg/㎡以下を実現する、さくら構造の独自工法です。仕様については耐震性を確保しつつ経済設計の成果を出すために設けたものであり、必須ではありません。お客様が選択・調整することが可能ですので、事前にご相談ください。

耐久性確保の観点から、ひび割れ低減コンクリートの採用を推奨しています。経済設計を目的としたうえで、一般的な建物以上の耐震性を確保するために保有耐力の下限値が設定されています。そのため「経済性」「耐久性」「耐震性」を兼ね備えています。

仕様

  • スリット壁W12採用
  • ひび割れ低減コンクリート採用
  • 壁増しコン10mm以下
  • 床増しコンなし
  • 基準階階高さ2850mm以下
  • 内部間仕切りは非RC造

構造の特徴

  • 保有水平耐力1.05以上
  • 地盤種別及び固有周期の精査
  • 標準鉄筋量80kg/㎡

※仕様は変更及び調整が可能です。

最後に

もしかしたら、経済設計に取り組むことに躊躇している方も居られと思います。さくら構造は、経済設計を実現するために耐震性を犠牲にするという設計はしません。経済設計を活用することで高耐震建築を創り出していくという考えで設計しています。

高耐震 高耐久となることで施主やエンドユーザーにメリットがあることはもちろん、ファインフレーム80を採用することで捻出できた構造躯体費を物件の「さらなる高耐震化」「粗利改善」「内装や設備のグレードアップ」「価格競争力アップ」へ再投資することが出来ます。つまり、今までの建物と比較してゼロコストで、問題点を解決しながら、より価値の高い建築物を作り出すことが可能となります。

さくら構造の持つ経済設計の技術は、様々な建物のプラン、オーナー様の要望やグレードに合わせることが可能ですが、コスト削減効果を最大限発揮するために、プランがかたまる前の初期段階から構造設計者がプロジェクトに関わることができるタイミングでご相談いただくことをおすすめします。

さくら構造自社工法

自社工法に関するコラム

構造設計事務所としては日本国内でトップ5に入る
構造技術者在籍数を誇る。
日本全国に拠点をもち全国対応が可能な
数少ない構造設計事務所であり、
その実績はすでに3000案件を超え、
戸建て住宅から高層建物、
免震・制振などの特殊案件等
お客様のご要望に柔軟に対応しております。

【さくら構造株式会社】
事業内容:構造設計・耐震診断・免震・制振・
地震応答解析・
建築総コスト最適化・
構造コンサルティング・
次世代構造解析ソリューションSAVER SYSTEM

●札幌本社所在地 〒001-0033 
札幌市北区北33条西2丁目1-7
SAKURA-N33 3F
TEL:011-214-1651  FAX:011-214-1652
●東京事務所所在地 〒110-0015 
東京都台東区東上野2丁目3-7
山本ビル 2F
TEL:03-5875-1616  FAX:03-6803-0510
●大阪事務所所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町1丁目2-2
花房ビル 6F
TEL:06-6125-5412  FAX:06-6125-5413
見積り相談はこちらから

戻る