スペースウォール工法の開発背景

壁式構造は6面体として地震や台風などの外力を受け止める、強度に優れた構造です。過去の大震災において、壁式構造が倒壊はもちろん大きな被害を受けた例はありません。

そのような高い耐震性を持っている壁式構造ですが、

・木造に比べコストがかかる。
・大空間が作りにくい、間取りの自由度が低い、リノベーションがしにくい

といった理由から、壁式構造が選択される割合が少ないと感じています。

さくら構造では、耐震性の高い建物を日本に普及していくことを目標にしています。

躯体費を下げることができれば、間取りの自由度を向上できれば壁式構造が選ばれる割合が増えると考え、スペースウォール工法を開発しました。

スペースウォール工法とは?

スペースウォール工法では、RC壁を極限まで減らすことで従来の壁式構造では作りにくかった大空間が作りやすくなり、間取りの自由度が向上します。

そして、間仕切り壁を非RC壁とすることで、従来の壁式構造に比べリノベーションがしやすくなります。

また、今までの共同住宅の多くは外壁、共用部、戸境壁にRC壁を配置している壁量が十分余っているプランニングでした。

スペースウォール工法では壁量の基準の最低量を目指すため、躯体費を削減することができます。間仕切り壁は非RC壁となるため、RC壁に比べ重量減となります。重量減となることにより地震力が軽減されるため躯体費削減につながります。また、基礎のコストダウンにも期待できます。

スペースウォール比較表

一般的なRC造

一般的なWRC造

スペースウォール

耐久性

耐震性

コスト

施工性

プランの自由度

スペースウォール工法の技術的注意点

スペースウォール工法は、RC壁を極限まで減らすため耐火間仕切り壁が増加します

1㎡あたりの耐火間仕切りとRC壁の性能や価格、重量の調査を行った結果、耐火間仕切は重量を軽減するだけでなく、RC壁に比べてコストが低めで、遮音性能が同等かそれ以上に優れていることがわかりました。

耐火間仕切りとRC壁についての詳細は、
ダウンロードコンテンツ「耐火間仕切りとRC 壁の比較」
をご参照ください。

さくら構造自社工法

自社工法に関するコラム

構造設計事務所としては日本国内でトップ5に入る
構造技術者在籍数を誇る。
日本全国に拠点をもち全国対応が可能な
数少ない構造設計事務所であり、
その実績はすでに3000案件を超え、
戸建て住宅から高層建物、
免震・制振などの特殊案件等
お客様のご要望に柔軟に対応しております。

【さくら構造株式会社】
事業内容:構造設計・耐震診断・免震・制振・
地震応答解析・
建築総コスト最適化・
構造コンサルティング・
次世代構造解析ソリューションSAVER SYSTEM

●札幌本社所在地 〒001-0033 
札幌市北区北33条西2丁目1-7
SAKURA-N33 3F
TEL:011-214-1651  FAX:011-214-1652
●東京事務所所在地 〒110-0015 
東京都台東区東上野2丁目3-7
山本ビル 2F
TEL:03-5875-1616  FAX:03-6803-0510
●大阪事務所所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町1丁目2-2
花房ビル 6F
TEL:06-6125-5412  FAX:06-6125-5413
見積り相談はこちらから

戻る