構造設計事務所 さくら構造 > サービス一覧 > 自社工法 > SAKURA ハイウォール工法「WRC造 8階建て」

SAKURA ハイウォール工法「WRC造 8階建て」

さくら構造は、8 階までの壁式鉄筋コンクリート造の建築を可能とする『ハイウォール工法』を開発致しました。
法改正と設計指針の策定により、8 階建てまでの壁式鉄筋コンクリート造の設計が「確認申請」と「適合性判定」の一般的な審査で可能となりましたが、複雑な解析が必要となるため普及は進みませんでした。しかし、さくら構造では研究を重ね、日本初となる壁式鉄筋コンクリート造 8 階建ての確認済証を取得しております。

ハイウォール工法の特徴

1.躯体数量が少ない = 躯体費が安くなる

8階建てのRCラーメン造に比べ、ハイウォール工法では総工事費に対して、坪単価5%削減。構造躯体費に対して、坪単価 16.7%削減することができました。

2.施工性が高い

通常の RC 造より型枠や配筋の加工が簡便であり、型枠の転用も比較的容易です。
配筋密度も通常の RC 造より少ないため、現場不良が起きにくいのが特徴です。

施工性が高いと・・・
工期が早くなる
人件費が減る

生産性があがり、コストパフォーマンスの向上につながります。

3.耐震性が高い

ハイウォール工法は、同一プランの RC ラーメンと比較し、
計算上 1.7 倍程度の保有耐力を有していることがわかりました。

< 建築基準法の事実 >
法律の基準をクリアしているから安心ではない・・・
・中規模の地震(震度5強程度)でほとんど損傷しない
・大規模の地震(震度6強~7程度)で倒壊・崩壊しない

震度 6 強以上の地震では、建物が損傷する前提で設計されており、
ある程度の被害を許容するが、崩壊はくい止め、
たとえ負傷しても命にかかわることのないようにすることが
現行の法律です。

つまり、建築基準法は命を守るための最低限の
耐震性能を明示しているだけであり、
お施主さまが建てた建物が損傷したり、
家財などの財産を失うことを許容しています。

壁式鉄筋コンクリート造は、過去の大震災において、
倒壊はもちろん大きな被害を受けた例はありません。
壁式鉄筋コンクリート造であるハイウォール工法は命だけではなく、
皆さまの財産も守ります。

4.空間効率が高い

壁式鉄筋コンクリート造は、部屋の隅部や天井の隅に柱梁の出っ張りがなく、空間を有効に活用することができ 有効面積を確保できます。

通常の RC 造と比べて梁せいが小さく、建物の階高を低く抑える事が可能であるため高さ制限のある土地でも 最大限層数を確保できます。したがって効率の良い計画ができます。

5.利回りが高い

壁式鉄筋コンクリート造は、ローコストで、高い空間効率を兼ね備えているため、
面積あたりの施工費が安くなり、利回りが高くなります。

RC ラーメン造 8 階とハイウォール工法で新築マンションを建てた時の利回りの比較

6.防音性が高い

建物の構造や壁の材質によって、音の伝わりやすさは異なります。
ハイウォール工法は構造体の中で最も防音性が高いと言われている
壁式鉄筋コンクリート造であるため、住戸間の躯体
は全てコンクリートで遮音性が高くなります。

7.耐火性が高い

1,000度の炎に2時間さらされても
コンクリートそのものが燃えることはなく、
強度が下がりません。鉄筋コンクリート造は、
安心の耐火構造です。

8..居住性が高い

プラン的に大空間を作りにくい反面、振動が伝わりにくく
騒音問題に対しては有利となります。
また、RC 造の蓄熱性、機密性の高さで夏は涼しく、
冬は暖かく過ごすことができます。

ハイウォール工法立面図

さくら構造では意匠事務所様、建設会社様、デベロッパーのお客様だけではなく
お施主様からのお問合せもお待ちしております。

「WRC造8階建て」ハイウォール工法 FAQ

1. ハイウォール工法は特別な審査が必要なのでしょうか?
確認申請と適合性判定の一般的な申請で審査を通すことが可能です。

2000年の建築基準法改正で限界耐力計算が導入されました。(第81条第2項第1号ロ)
そして、その限界耐力計算を用いて壁式構造の設計を行うことで
「地上階数5階以下、軒の高さ20m以下、階高3.5m以下」
の規定を適用外とすることができます。(告示1026号)
2. 上下階の壁配置を変えたプランでもハイウォール工法を採用することはできますか?
一般的な1~5階建ての壁式構造と同様で、上下階の壁配置は1階から最上階まで同じプランが推奨されます。
上階で壁を減らす事は可能ですが、各階ごとでプランが変わるような計画は無理が生じるため基本的には整形である事が前提です。
今後、さくら構造で研究を重ねる事で、形状やプランについての制約を緩和出来る可能性はありますが、いずれにしても1階が全面駐車場などの、いわゆるピロティのような計画は難しいです。
3. 液状化する地盤ではハイウォール工法を採用できないのでしょうか?
液状化する地盤でもハイウォール工法を採用することができます。
4. 設計、審査にはどのくらいの期間を要するのでしょうか?
建物の規模、プランにもよりますが標準的な期間は下記の通りです。

構造予備検討+審査機関事前相談+意匠構造計画調整 :約1ヶ月
実施設計 :約1ヶ月
確認審査・適合性判定提出から審査対応終了まで :約1.5~2ヶ月


審査機関はハイウォール工法の審査数がまだ少ないため、一般的な建物に比べ審査期間は長めになります。想定外に工程を遅らせてしまう事態は絶対に避けなくてはなりませんので、事前に方針だけでなく審査日数を確認しておくことで工程への影響を最小限に抑えるよう努めています。
5. 従来のRCラーメン構造の6階~8階と比べて、構造躯体費はどの程度になるのでしょうか?
高い耐震性を持ちながらもコストパフォーマンスに優れており、8階建てのRC造と比べた結果、構造躯体工事費16.7%削減を実現しています。
6. ハイウォール工法はどこの地域でも申請可能でしょうか?
はい。建築確認検査、構造計算適合性判定が行える審査機関があれば、地域問わず申請可能です。
7. 吹き抜けのあるプランでハイウォール工法を採用できますか?
階段室やEV程度なら可能ですが、まだ実績数が少ないため、実際やってみないとわからないことが多くあります。プランを見て判断しますので、お気軽にお問い合わせください。
8. 搭状比に制限はありますか?
搭状比が4を超える場合は、一般的な建物と同様で転倒の検討が必要となり、基礎が厳しくなるため塔状比4以下とするのが望ましいです。 設計可能かどうかはプランを見て判断しますので、お気軽にお問い合わせください。
9. 以前審査を通した物件の基礎工法を教えて下さい。
柱状改良(布基礎)と杭基礎です。 地盤が良ければ、直接基礎となりますし、地盤が悪ければ杭や柱状改良を採用します。ハイウォール工法だからといって、杭が増えるということはなく、同規模のRC造と同等となります。
10. ハイウォール工法と低層壁式の施工要領の違いを教えてください。
ハイウォール工法は、一般的な壁式構造では使用しない太径鉄筋が必要となるため、ガス圧接継手が発生します。それ以外は、ハイウォール工法と低層壁式で施工要領に大きな違いはありません。

さくら構造構造躯体最適化工法

自社工法に関するコラム

構造設計事務所としては日本国内でトップ5に入る
構造技術者在籍数を誇る。
日本全国に拠点をもち全国対応が可能な
数少ない構造設計事務所であり、
その実績はすでに3000案件を超え、
戸建て住宅から高層建物、
免震・制振などの特殊案件等
お客様のご要望に柔軟に対応しております。

【さくら構造株式会社】
事業内容:構造設計・耐震診断・免震・制振・
地震応答解析・
構造躯体コスト最適化・
構造コンサルティング・
次世代構造解析ソリューションSAVER SYSTEM

●札幌本社所在地 〒001-0033 
札幌市北区北33条西2丁目1-7
SAKURA-N33 3F
TEL:011-214-1651  FAX:011-214-1652
●東京事務所所在地 〒110-0015 
東京都台東区東上野2丁目3-7
山本ビル 2F
TEL:03-5875-1616  FAX:03-6803-0510
●大阪事務所所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町1丁目2-2
花房ビル 6F
TEL:06-6125-5412  FAX:06-6125-5413
見積り相談はこちらから

戻る