構造設計事務所 さくら構造 > 超速構造設計 > 建築基準法改正による混乱
超速構造設計 2007.08.13

建築基準法改正による混乱

建築物の画像
建築物の画像

建築基準法改正による混乱

社員インタビューに「7月の建築物着工は、前年同月比で大幅な減少となっているが、これは、主として改正建築基準法の施行(6月20日)という制度変更に伴う手続上の要因によるものであり、その影響は一時的なものであると考えている。」
一時的と言ってますが、どのくらいで納まると国土交通省は考えてるんでしょうか・・・?

そろそろ、業界だけの問題では済まなくなってきました。
経済に与える影響がどの程度なのか少々心配しております。

いま確認制度が大幅に変わり、現場は混乱ぎみで、机上の内容だけ、極端に厳しい法改正になっております。
建築現場での、ミス、手抜きに関しての審査は、ほとんど変わっておりませんので、設計図は完璧のつもりでも実際に建つ建物は、それに見合った要求性能がないなんて事は、今まで通りです・・・。

田中 真一
SHINICHI TANAKA

代表取締役

執筆者の詳細