さくら構造の自社工法

「WRC8F」「スマートウォール」
「ABリリーブ」

自社工法

「WRC8F」壁式鉄筋コンクリート構造を
8階建てまで可能に!
「スマートウォール」W15cmで
4階建てひび割れ無しの特殊工法!
「ABリリーブ」特許出願中の防災支援型免震マンション!

自社独自工法だけではなく、他社と共同開発する事で、構造のみではない幅広い優位性を持つ様々な工法をご用意しています。

各種工法のご紹介

WRC8F

「WRC8F 壁式鉄筋コンクリート造8層」
・壁式鉄筋コンクリート造は、
 
高い水平剛性を有する
 
強度型の箱型構造であり、
 
地震に対する変形が小さく実質耐震性が高い

・その証拠として、壁式構造は過去の被災事例において
 
震度7クラスでも
 
地盤崩壊要因以外で、
 
上部構造の大破・崩壊は一度も無い

さくら構造では、通常5階建てが上限である壁式鉄筋コンクリート造を8層(WRC8F)まで設計が可能です。WRC8Fは高耐震に加え、同規模のRCラーメン構造と比較して躯体コストが1割以上削減可能です。

スマートウオール

  • 「スマートウォール構造 W15壁式4層」

  • W15 シングル配筋 現場写真

  • 竣工時 外観写真

「スマートウォール構造 W15壁式4層」
・基本的な耐震性は壁式と同じであり、実質耐震性が高い
・特殊検討と特殊な材料選定により実現する
・W15cmシングル配筋の壁式構造

さくら構造では、通常W18cmダブル配筋の壁式鉄筋コンクリート造4層を特殊な検討と特殊な材料を使用する事で、ひび割れ自体がほとんど発生しないスマートウォール構造(W15cmシングル配筋4層)を実現しました。
実際の建物は、実大実験棟として本社横に建設し、経過観察中です。

ABリリーブ

「ABリリーブ」特許出願中の防災支援型免震マンション!
・免震構造による耐震性の確保
・免震構造による地下ピット部分を備蓄倉庫として利用

地震時の建物の損傷によるリスクと、震災後のライフラインの断絶のリスクに備える、ABリリーブ独自の安全性。
建設と構造設計が企画立案段階から、設計、施工、アフターフォローまで強固なタッグを組んで、耐震性とコストパフォーマンスを併せ持ったハイエンドクラスマンションを提案する、今までにない新しい免震マンションの設計施工システムです。

お役立ちダウンロードコンテンツ

自社工法に関するコラム

構造設計事務所としては日本国内でトップ5に入る
構造技術者在籍数を誇る。
日本全国に拠点をもち全国対応が可能な
数少ない構造設計事務所であり、
その実績はすでに3000案件を超え、
戸建て住宅から高層建物、
免震・制振などの特殊案件等
お客様のご要望に柔軟に対応しております。

【さくら構造株式会社】
事業内容:構造設計・耐震診断・免震・制振・
時刻歴応答解析・
建築総コスト最適化・
構造コンサルティング・
次世代構造解析ソリューションSAVERシステム

●札幌本社所在地 〒001-0033 
札幌市北区北33条西2丁目1-7
SAKURA-N333F
TEL:011-214-1651  FAX:011-214-1652
●東京事務所所在地 〒110-0015 
東京都台東区東上野2丁目3-7
山本ビル 2F
TEL:03-5875-1616  FAX:03-6803-0510
●大阪事務所所在地 〒541-0045 
大阪府大阪市中央区道修町1丁目2-2
花房ビル 6F
TEL:06-6125-5412  FAX:06-6125-5413
見積り相談はこちらから

戻る